Rakuten infoseek

辞書

【フク】

デジタル大辞泉

ふく【福】
[名]
運のよいこと。幸運。幸い。しあわせ。「を授かる」「の神」⇔
神仏への供え物のおさがり。また、それをいただくこと。おふく。ごふく。
「このすずは鞍馬の―にて候ふぞ」〈著聞集・一八〉
[名・形動ナリ]ゆたかなこと。裕福なこと。また、そのさま。
「―な旦那を取り放してはと」〈浮・禁短気・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふく【福】[漢字項目]
[音]フク(漢) [訓]さいわい
学習漢字]3年
豊かな幸運。さいわい。「福祉福相福徳禍福幸福至福祝福浄福清福多福追福万福冥福(めいふく)裕福
[名のり]さき・さち・たる・とし・とみ・むら・もと・よ・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふく【福】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふく【福】
( 名 )
さいわい。しあわせ。幸運。 ⇔ 「 -を招く」 「笑う門には-来たる」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
裕福な・こと(さま)。 「お前ほどの-な旦那を取放してはと/浮世草子・禁短気」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふく【福】
〘名〙
① さいわい。しあわせ。幸福。幸運。⇔禍(か)
※霊異記(810‐824)上「到る所を知ら不るが故に、為に福を修す」 〔書経‐洪範〕
② 神仏への供物をおろしたもの。神仏からの賜り物として、それに幸運があるとした。
※古今著聞集(1254)一八「此すずはくらまのふくにてさぶらふぞ」
③ (形動) ゆたかに富みさかえること。裕福なこと。また、そのさま。
浮世草子・好色盛衰記(1688)三「揚屋へ内証申は、まづ金銀福(フク)成。大臣なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福の関連情報

他サービスで検索

「福」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.