Rakuten infoseek

辞書

福田英子【ふくだひでこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福田英子
ふくだひでこ
[生]慶応1(1865).10.5. 岡山
[没]1927.5.2. 東京
婦人解放運動の先駆者。旧姓景山。父は岡山藩士景山確。自由党に入り自由民権運動に参加,1885年大阪事件で投獄される。出獄後大井憲太郎との間に1子をもうけたが離別。福田友作と結婚。 1900年福田と死別後,女子の実業教育を志したが,しだいに社会主義思想に共鳴,1907年安部磯雄,木下尚江石川三四郎らと雑誌『世界婦人』を創刊,その主筆となり,婦人解放を主張。著書『の半生涯』『婦人問題の解決』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくだ‐ひでこ【福田英子】
[1865~1927]婦人運動家。岡山の生まれ。旧姓、景山。自由民権運動に参加。大井憲太郎らと大阪事件に連座。明治40年(1907)雑誌「世界婦人」を創刊。著「妾(わらわ)の半生涯」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

福田英子 ふくだ-ひでこ
1865-1927 明治-大正時代の婦人運動家。
慶応元年10月5日生まれ。岸田俊子の演説に影響をうけ,自由民権運動にくわわる。明治18年大阪事件で入獄。出獄して大井憲太郎と結婚,のち社会運動家福田友作と再婚。40年「世界婦人」を創刊し,女性解放を主張した。昭和2年5月2日死去。63歳。備前(岡山県)出身。旧姓は景山。本名は英。著作に「妾(わらわ)の半生涯」。
【格言など】妾が過ぎ来し方は蹉跌(さてつ)の上の蹉跌なりき。されど妾は常に戦えり(「妾の半生涯」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふくだひでこ【福田英子】
1865‐1927(慶応1‐昭和2)
女性解放運動の先駆者。本名英。岡山藩士景山確の次女として生まれた。1882年岸田俊子の演説を聴いて女性解放を志し,翌83年女子教育のために夜間部をもつ私塾蒸紅学舎を母とともに設立する。また岡山に自由民権運動が波及すると女子懇親会を開くなどしたが,84年集会条例により学舎は閉鎖命令をうける。同年秋,上京し,大井憲太郎らと自由民権運動を進め,85年には朝鮮の内政改革運動に参加して資金調達などを担当し,逮捕,投獄され(大阪事件),紅一点として有名になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくだひでこ【福田英子】
1865~1929) 女性解放運動の先駆者。岡山県生まれ。旧姓、景山。大井憲太郎らとともに大阪事件に連座。1907年(明治40)、雑誌「世界婦人」を創刊し、婦人解放を主張。著「妾わらわの半生涯」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

福田英子
ふくだひでこ
(1865―1927)
自由民権期の女性運動家。1865年(慶応(けいおう)1)10月5日、備前(びぜん)国(岡山県)、岡山藩士景山確(かげやまかたし)の三女として生まれる。幼時より母楳子(うめこ)の勧めで漢学を学び、小学校卒業後の1880年(明治13)に母校の助教諭となる。1882年岸田俊子(としこ)の岡山遊説を機に岡山女子懇親会を結成して、自由民権運動に参加。自由党解党後、大井憲太郎(けんたろう)らとともに朝鮮改革運動に加わるが、計画が発覚して逮捕、投獄される(大阪事件)。1889年帝国憲法発布の大赦令で出獄、大井と結婚して1子を生むが離別。1893年同じく自由民権運動家の福田友作(ともさく)(1865―1900)と結婚するが、3人の子を抱えて死別する。以後、石川三四郎ら社会主義者と交わって平民社の活動にも参加、1907年(明治40)には『世界婦人』を創刊、主筆として「婦人解放」の論陣を張った。『青鞜(せいとう)』にも寄稿している。晩年は不遇であったが、生涯反権力の姿勢を貫いた。自伝『妾(わらわ)の半生涯』などの著書がある。なお女子の教育にも熱心で、私塾蒸紅(じょうこう)学舎(1883)などを開いている。1927年(昭和2)5月2日死去。[米田佐代子]
『『妾の半生涯』(岩波文庫) ▽村田静子著『福田英子』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくだ‐ひでこ【福田英子】
婦人解放運動の先駆者。岡山県出身。旧姓景山。母と蒸紅学舎を経営。自由民権運動に加わり、大阪事件に連座。雑誌「世界婦人」を刊行、また婦人の政治的自由獲得のため治安警察法一部改正運動を行なった。主著「妾の半生涯」。慶応元~昭和二年(一八六五‐一九二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福田英子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福田英子の関連情報

関連キーワード

南北戦争フォーレアメリカ合衆国史(年表)エイブラハムリンカングラッドストンジョンソンテーヌブースクーランコーツ

他サービスで検索

「福田英子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.