Rakuten infoseek

辞書

福田恆存【ふくだつねあり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福田恆存
ふくだつねあり
[生]1912.8.25. 東京
[没]1994.11.20. 神奈川,大磯
家,劇作家,演出家。東京大学英文科卒業。 1936年から同人誌『作家精神』に,横光利一芥川龍之介に関する評論を発表。第2次世界大戦後すぐに文芸評論家として活動を始め,やがて批評対象を文化・社会分野全般へと広げた。劇作は 48年の『最後の切札』に次いで 50年『キティ颱風』を発表,文学座で初演され,以後文芸部にをおいた。 52年『竜を撫でた男』で読売文学賞受賞。 63年芥川比呂志らと文学座を脱退現代演劇協会劇団雲を結成して指導者となる。 70年『総統いまだ死せず』で日本文学大賞受賞。シェークスピア翻訳・演出でも知られ,個人全訳『シェイクスピア全集』 (15巻,1959~67,補4巻,71~86) がある。著書はほかに『人間・この劇的なるもの』 (55~56) など。 81年日本芸術院会員。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくだ‐つねあり【福田恆存】
[1912~1994]評論家・劇作家・演出家。東京の生まれ。恆存は「こうそん」とも。芸術院会員。保守派論客として平和論・憲法問題・国語問題などに評論活動を展開。演劇人としては現代演劇協会を創立、劇団「主宰。「シェイクスピア全集」の翻訳で岸田演劇賞。評論に「人間・この劇的なるもの」、戯曲に「キティ颱風(たいふう)」「総統いまだ死せず」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくだつねあり【福田恆存】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

福田恆存
ふくだつねあり
(1912―1994)
評論家、劇作家、演出家。東京生まれ。東京帝国大学英文科卒業。第二次世界大戦後、日本近代文学への批判を込めた評論集『作家の態度』『近代の宿命』(ともに1947)により注目された。左翼思想や進歩的文化人への批判から、のち平和問題、国語国字問題でも保守的立場にたち論争を巻き起こした。衰弱した現代人への風刺喜劇『キティ颱風(たいふう)』(1950)、『竜を撫(な)でた男』(1952)、詩劇『明暗』(1956)、歴史劇『明智光秀(みつひで)』(1957)、『有馬皇子(ありまのみこ)』(1961)などの戯曲を発表上演した。1963年(昭和38)、それまで所属していた文学座を脱退して現代演劇協会(付属劇団雲・欅(けやき))を結成(のち分裂して劇団昴(すばる))、東京・駒込(こまごめ)に三百人劇場を建設。ほかに戯曲『解(わか)ってたまるか!』(1968)、『総統いまだ死せず』(1970)、評論『人間・この劇的なるもの』(1956)が代表作。『シェイクスピア全集』の訳業により岸田演劇賞(1955)、『私の国語教室』などで読売文学賞(1960)、多年の評論活動により菊池寛賞・芸術院賞(1980)を受賞。81年芸術院会員。[藤木宏幸]
『『福田恆存著作集』全八巻(1957~58・新潮社) ▽『福田恆存評論集』全七巻(1966・新潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福田恆存」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福田恆存の関連情報

関連キーワード

誘導尋問牧野省三公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.