Rakuten infoseek

辞書

福岡【ふくおか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福岡
ふくおか
富山県北西部,高岡市西部の旧町域。砺波平野の北部にある。 1954年福岡町と五位山村,西五位村の2村が合体して福岡町が成立。さらに同年赤丸村を編入。 2005年高岡市と合体。西は宝達丘陵で石川県に接している。小矢部川に沿い,水利に恵まれた肥沃な平野部は古くから水田として開発され,丘陵一帯には横穴古墳が多い。中心地区の福岡は北陸道沿いの街村で,小矢部川の支流岸渡川の河港として繁栄。アルミニウム成型,捺染,コンクリート二次加工工場などが立地。農村部は米作が中心で,低湿地帯ではスゲを栽培し菅笠を製造。庄川扇状地末端の湧泉地帯では養鯉業が盛んである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡
ふくおか
岐阜県南東部,中津川市中西部の旧町域。美濃三河高原の南西部にある。 1966年町制。 2005年中津川市に編入。木曾川の支流付知川の谷で米作が行なわれ,製材工場がある。南部は恵那峡県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくおか〔フクをか〕【福岡】
九州地方北部の県。筑前筑後の2国と豊前(ぶぜん)国の一部にあたる。人口507.3万(2010)。
福岡県北西部の市。県庁所在地。指定都市博多湾に面し、古来大陸交通の要地で、九州における政治・経済・文化の中心。もと黒田氏の城下町。博多織博多人形を特産。元寇(げんこう)防塁の跡がある。人口146.4万(2010)。
[補説]福岡市の7区
早良区城南区中央区西区博多区東区南区

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

福岡 ふくおか
?-? 江戸時代後期の遊女。
江戸新吉原梅本屋の抱え。主人佐吉の虐待にたえかね,遊女16名が結束し,弘化(こうか)2年(1845)梅本屋に放火し,自首した。佐吉は家財没収のうえ遠島。首謀者の福岡ら4名は情状酌量されて遠島,他の遊女12名は押し込めの処分をうけた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ふくおか【福岡】
九州地方北部の県。かつての筑前・筑後の二国と豊前ぶぜん国の一部を占める。北西は日本海、北東は瀬戸内海、南西は有明海に面する。中央部に筑紫つくし山地があり、北部に福岡平野・直方のおがた平野、南西部に筑紫平野がある。県庁所在地、福岡市。
福岡県北西部、博多湾に臨む市。県庁所在地。指定都市。古くから港町として栄え、近世は黒田氏五二万石の城下町。九州地方の政治・経済・文化の中心。博多織・博多人形を特産する。 → 博多

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふくおか【福岡】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔新潟県〕福岡(ふくおか)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔茨城県〕福岡(ふくおか)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくおか フクをか【福岡】
[一] 福岡県北西部の地名県庁所在地。七つの行政区に分かれる。博多湾にのぞみ、福岡平野の大部分を占める。古代には日本三津の一つといわれた那の津が、大宰府外港として開け、大陸との交通の要地として、博多を中心に繁栄。慶長六年(一六〇一)に入封した黒田長政の福岡(舞鶴)城造築後は那珂川右岸に五二万石の城下町が発展。博多織・博多人形を特産。九州地方の政治・文化・経済の中心都市。明治二二年(一八八九)市制。昭和四七年(一九七二)政令指定都市となる。
[二] 岩手県二戸市の地名。江戸時代は奥州街道一戸と金田一の間の宿駅として発展。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふくおか フクをか【福岡】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福岡の関連情報

他サービスで検索

「福岡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.