Rakuten infoseek

辞書

福地桜痴【ふくち おうち】

美術人名辞典

福地桜痴
ジャーナリスト。長崎県生。名は源一郎、別号に吾曹。幕府外国方通訳として渡欧後、『江湖新聞』を発刊。また『東京日日新聞』主筆として新政府擁護の立場で活躍。のち劇作・小説等の著述に専心した。明治39年(1906)歿、66才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ふくち‐おうち〔‐アウチ〕【福地桜痴】
[1841~1906]政治評論家・劇作家・小説家。長崎の生まれ。本名、源一郎。「東京日日新聞」主筆・社長として言論界で活躍。また、演劇改良に尽力歌舞伎座を創設した。戯曲春日局(かすがのつぼね)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

福地桜痴 ふくち-おうち
1841-1906 明治時代のジャーナリスト,劇作家。
天保(てんぽう)12年3月23日生まれ。もと幕臣。慶応4年佐幕派の新聞「江湖(こうこ)新聞」を発刊し,逮捕され発禁となる。明治7年東京日日新聞社の主筆,9年社長。15年帝政党を結成,37年衆議院議員。演劇改良の場として,22年歌舞伎座を創設した。脚本に「春日局(かすがのつぼね)」など。明治39年1月4日死去。66歳。肥前長崎出身。本名は源一郎。著作に「幕府衰亡論」「懐往事(かいおうじ)談」「もしや草紙」など。
【格言など】大久保は政治家に必要な冷血があふれるほどあった人物である(大久保利通を評したことば)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふくちおうち【福地桜痴】
1841‐1906(天保12‐明治39)
明治時代のジャーナリスト。通称源一郎,桜痴は号。長崎に生まれた。父苟庵(こうあん)は医者。1856年(安政3)オランダ大通辞の名村花蹊に入門,才知抜群の誉れ高く,請われて名村家の養子となったが,同僚塾生から排斥され,58年,江戸に出た。森山多吉郎に英学を学び,59年より通辞として江戸幕府に出仕した。61年(文久1),65年(慶応1)の2度にわたり,遣欧使節に従ってヨーロッパを見学した。ヨーロッパ文明に傾倒し,幕政改革を画策したが不首尾に終わり,江左風流第一才子と自称して,遊蕩にはげんだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

福地桜痴
ふくちおうち
(1841―1906)
明治の新聞記者、文学者。本名源一郎。天保(てんぽう)12年3月23日長崎の医師の家に生まれる。幼少時から秀才の誉れ高く、長川東洲(おさがわとうしゅう)に漢学を学ぶ。ついで名村花蹊(なむらかけい)に蘭学(らんがく)を学び、江戸に上る。1859年(安政6)森山多吉郎の塾に入り、英学を修めた。同年、幕府に出仕し、通訳として累進。1861年(文久1)と1865年(慶応1)の二度にわたり幕府使節に従って渡欧、国際法などを研究したほか、新聞にも関心をもつ。明治維新に際しては、大政奉還に反対する建言をしたが、入れられなかった。1868年(慶応4)『江湖新聞(こうこしんぶん)』を発行。佐幕的内容のため明治政府により発行禁止される。福地も入獄したが、短期日で釈放。1870年(明治3)伊藤博文(いとうひろぶみ)にみいだされ、大蔵省に出仕する。同年、伊藤に従い渡米、財政制度の調査研究にあたる。いったん帰国ののち、岩倉使節団の一員として洋行。このころ、木戸孝允(きどたかよし)の知遇を得る。1874年大蔵省を辞職し『東京日日新聞』に主筆として入社。おりからの自由民権論に対抗して漸進主義を主張した。御用記者と非難されながらも「吾曹(ごそう)」と自称する彼の社説は、つねに注目された。1877年西南戦争に従軍し、詳細な戦況報道によって新聞の声価は高まった。しかし1883年に『官報』が発行されてからは経営不振となり、1888年退社した。以後は小説家、劇作家として活躍。政治小説、歴史小説を著した。歌舞伎(かぶき)の改良にも尽力し、歌舞伎座を創立したり、『春日局(かすがのつぼね)』『侠客春雨傘(きょうかくはるさめがさ)』などの脚本を書いた。1900年(明治33)『やまと新聞』顧問となり、多くの論説、小説を同紙に発表した。明治39年1月4日死去。[有山輝雄]
『田村寿稿「福地桜痴」(『三代言論人集 3』所収・1962・時事通信社) ▽柳田泉著『福地桜痴』(1965・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくち‐おうち【福地桜痴】
新聞記者、小説家、劇作家。肥前国長崎の人。本名源一郎。文久元年(一八六一)、慶応元年(一八六五)の二度にわたって遣欧使節に随行。明治元年(一八六八)「江湖新聞」を発行。のち「東京日日新聞」の主筆から社長となり、言論界で活躍した。歌舞伎作者としても有名で、歌舞伎座を創設した。著作「もしや草紙」「幕府衰亡論」など。天保一二~明治三九年(一八四一‐一九〇六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福地桜痴
ふくちおうち
福地源一郎」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福地桜痴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福地桜痴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.