Rakuten infoseek

辞書

福井謙一【ふくいけんいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

福井謙一
ふくいけんいち
[生]1918.10.4. 奈良,奈良
[没]1998.1.9. 京都,京都
化学者。京都帝国大学工学部卒業 (1941) ,1948年学位取得。同大学工学部講師 (1943) ,助教授 (1945) ,京都大学工学部教授 (1951) ,名誉教授 (1982) ,京都工芸繊維大学学長 (1982) などを歴任。 1952年,化学反応過程における分子間の電子のふるまいについて,量子力学を応用してフロンティア軌道を定め,この特定の軌道の電子の役割との関連で化学反応性を説明する「フロンティア軌道理論」をアメリカの化学物理雑誌に発表,反響を呼んだ。 1962年,「共役化合物の電子状態と化学反応に関する研究」で,日本学士院賞受賞。 1981年には,化学反応過程の解明の業績に対し日本人初のノーベル化学賞を授与され,また文化功労者に選ばれると同時に文化勲章を受章した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくい‐けんいち〔フクゐ‐〕【福井謙一】
[1918~1998]化学者。奈良の生まれ。昭和27年(1952)、すべての化学反応について説明が可能となるフロンティア電子理論提唱した。昭和56年(1981)文化勲章受章。また同年、日本人としては初のノーベル化学賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

福井謙一 ふくい-けんいち
1918-1998 昭和後期-平成時代の化学者。
大正7年10月4日生まれ。昭和26年京大教授となる。57年京都工芸繊維大学長,63年基礎化学研究所長。量子力学を化学に適用し「フロンティア電子理論」を提唱。37年学士院賞。56年ノーベル化学賞,文化勲章。平成10年1月9日死去。79歳。奈良県出身。京都帝大卒。著作に「化学反応と電子の軌道」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふくいけんいち【福井謙一】
1918‐98(大正7‐平成10)
1981年度ノーベル化学賞を受賞した化学者。日本人としては6人目のノーベル賞受賞者である。奈良県に生まれ,京都帝国大学工学部工業化学科卒業後,軍務につき,航空添加燃料イソオクタンの製造研究に従事。1951年京都大学教授に就任し,工学部燃料化学教室(現,石油化学教室)で,フロンティア電子理論を根幹とする反応の理論,それに関連する分子科学およびその応用について研究。ノーベル賞受賞の対象となったフロンティア電子理論の第1報は,《A Molecular Orbital Theory of Reactivility in Aromatic Hydrocarbons(芳香族化合物の化学反応性の分子軌道理論)》と題する論文で,1952年にアメリカ物理学会の《化学物理雑誌》に発表され,続いて54年に第2報が発表されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくいけんいち【福井謙一】
1918~1998) 化学者。奈良県生まれ。京大教授。有機化合物の反応性を電子の軌道を用いて説明したフロンティア電子理論で1981年ノーベル化学賞受賞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

福井謙一
ふくいけんいち
(1918―1998)
化学者。奈良県生まれ。旧制大阪高等学校から京都帝国大学工学部工業化学科に進み、1941年(昭和16)卒業。喜多源逸(きたげんいつ)らに学び、1948年工学博士。同大学燃料化学科講師、助教授を経て、1951年教授となり多数の門下を育てた。1982年4月に退官し同大名誉教授。同年6月から京都工芸繊維大学学長。早くから量子力学の化学への適用に関心をもち、1952年に記念碑的論文と評される「フロンティア電子理論」第一報を、1964年「軌道対称性と選択則」の理論を、そして「反応の理論」を1970年に発表した。前の二つの業績に対し、ホフマンRoald Hoffmann(1937― )とともに1981年ノーベル化学賞を授与され、文化勲章も受章。化学工業の基礎としての「分子工学」提唱の意義は大きい。[道家達將]
『福井謙一著『化学反応と電子の軌道』(1976・丸善) ▽福井謙一著『化学と私――ノーベル賞科学者福井謙一』(1982・化学同人) ▽梅原猛・福井謙一著『哲学の創造――21世紀の新しい人間観を求めて』(1996・PHP研究所)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福井謙一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

福井謙一の関連情報

関連キーワード

牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))第1次世界大戦芥川龍之介

他サービスで検索

「福井謙一」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.