Rakuten infoseek

辞書

禍福は糾える縄の如し【カフクハアザナエルナワノゴトシ】

デジタル大辞泉

禍福(かふく)は糾(あざな)える縄(なわ)の如(ごと)し
《「史記」南越伝から》幸福と不幸は、より合わせたのように交互にやってくるということ。吉凶は糾える縄の如し

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かふくはあざなえるなわのごとし【禍福は糾える縄の如し】
〔史記 南越伝賛
災いと福とは、縄をより合わせたように入れかわり変転する。吉凶は糾える縄の如し。禍福糾纆きゆうぼく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かふく【禍福】 は 糾(あざな)える縄(なわ)の如(ごと)
(「史記‐南越伝」の「因禍為福、成敗之転、譬若糾纏」から) わざわいが福になり、福がわざわいのもとになったりして、この世の幸不幸はなわをより合わせたように表裏をなすものであるの意。
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)二「定かに思ひ弁(わきまへ)ねども、禍福は糾(アザナヘ)る纏(ナワ)の如し。人の命は天に係れり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禍福は糾える縄の如し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禍福は糾える縄の如しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.