Rakuten infoseek

辞書

【ぜん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ぜん
zen
サンスクリット語 dhyānaの音写で禅那とも書かれる。「禅」の原義は,(天子が) 神を祀る,(位を) 譲る,などで,これを仏教がかりたのである。姿勢を正して坐して心を一つに集中する宗教的修行法の一つ。インドでは古くから行われていたが,教の基本的修行法に取入れられて中国に伝わり,禅宗として一宗派を形成した。宗祖はインド僧菩提達磨とされるが,宗派として成立したのは6祖慧能からで,その跡を継ぎ中国禅宗五家が成立。このうち宋代には臨済,雲門の2宗が栄え,臨済宗は公案を手段とする看話禅を鼓舞し,雲門の系統をひく曹洞宗は正身端坐の坐禅を重視する黙照禅を説いた。日本には鎌倉時代に栄西により臨済宗,道元により曹洞宗が伝えられ,江戸時代には中国僧隠元により明代の念仏禅,黄檗宗が伝えられた。また江戸時代の白隠は公案を整理し,現在の臨済宗諸派の修行の基礎を築いた。禅思想はインド仏教の般若,空の思想が老荘思想を精神的風土とする中国で変容され着したもので,坐禅の実践による人間の本性の直観的な把握を主張し,華道,茶道,書道,絵画,造園,武芸などの日本文化にも影響を与え,さらに最近は急速に海外からの関心を集めつつある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜん【禅】
《〈梵〉dhayānaの音写「禅那」の略。定・静慮と訳す》仏語。精神を集中して無我境地に入ること。
禅宗」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぜん【禅〔禪〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ゼン(呉)
天子が天を祭る儀式。「封禅(ほうぜん)
天子が位を譲る。「禅譲受禅
仏教で、雑念を払い、心を集中して悟りの境地を得ること。「禅定(ぜんじょう)座禅参禅修禅(しゅぜん)
仏教の一派。「禅宗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

日本の化粧品メーカー、資生堂が販売するフレグランス。1964年発表。2000年、2007年にリニューアルされている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜん【禅】
仏教の修行法の一つ。瞑想,または座禅のこと。原語dhyānaは,静かに考える意で,その俗語形jhānaが西北インドでjhānと発音されていたのを,中国の漢字で禅と表記したもの。禅という漢字は,現在の中国音ではchán,日本ではzenと発音され,欧米では両者を併用する。 古代インド文明は,瞑想の実践とともに起こる。前3000年というモヘンジョ・ダロ出土の印章に,動物の姿をした神が座禅するデザインをもつものがあり,前3世紀のバラモン教文献〈ウパニシャッド(奥義書)〉に,今日と少しも異ならぬ座法と心構えを記すものがあり,後1世紀の詩史《バガバッドギーター》に引用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜん【禅】
dhyāna 古くからインドで行われる修行方法で、精神を一つの対象に集中し、その真の姿を知ろうとすること。静慮じようりよ。禅定ぜんじよう
「禅宗」の略。
禅宗の教義や修行方法の全般のこと。
「座禅」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ぜん
サンスクリット語ディヤーナdhynaの音写。口語のジャーナjhnaが訛(なま)ったものともいう。静かに考えること、思惟修(しゆいしゅ)の意。古代インドで、ヨーガとよばれた瞑想(めいそう)法のうち、精神統一の部分が仏教に取り入れられ、とくに中国と日本で極度に洗練され、独自の思想として発展したもの。近代ヨーロッパの科学技術に対し、アジア精神文明の核として、新しい評価を受けている。
 ヨーガの発生は、紀元前2000年というインダスの遺構から出た古銭のうちに、脚を組んで坐(すわ)る神獣を描くものがあるのによって知られる。後期ウパニシャッドのうちにも、両脚を水平に保ち、背筋をまっすぐに立て、静かに呼吸を整えよと説くのが確認され、バガバッド・ギーターにも引かれているから、今日の禅院で教える坐禅(ざぜん)法は、数千年の昔からほとんど不変であることがわかる。紀元2世紀という仏像がすべて坐禅の形をとるのも、人々がそこに仏教の理想を求めたためである。禅という漢字は、古代中国で天子が神を祀(まつ)った封禅の意味をもつのを受け、当初はdhynaの音写として禅那(ぜんな)とも書かれたが、しだいに禅の一字が好まれて、坐禅や禅定(ぜんじょう)の語を生むようになる。坐禅は、坐って思惟(しゆい)する意、禅定は、禅よりもさらに深層の瞑想を意味する三昧(さんまい)、すなわちサマーディsamdhiを定(じょう)と訳したのによる。
 インドの禅定思想では、禅に四段階、定に四段階があるとし、あわせて四禅八定を考え、その成果としての神通力(じんずうりき)を説き、神秘な死後昇天信仰や、超能力と結び合う。中国ではそうした段階的発想や、神通力を目的とする習禅を嫌い、頓悟(とんご)(一挙に悟る)的・現世的傾向を強めるので、達磨(だるま)を祖とする禅宗がおこり、教義と歴史をつくるのも、中国仏教独自の成果である。禅宗では、坐禅や禅定だけが禅ではない。むしろ、坐禅や禅定に縛られるキエティスム(静寂(せいじゃく)主義)を退け、「行(ぎょう)も亦(ま)た禅、坐も亦た禅、語黙動静体安然」とうたい、「一日作(な)さざれば一日食らわず」という、日常の労働生活を肯定し、屎送尿(あしそうにょう)、着衣喫飯(きっぱん)のところに最上の神通が働くとするので、もっとも高く広い精神の自由を、禅の名でよぶこととなる。したがって、禅はもはや仏教に限らず、儒教や道教、文学や芸術のうちに積極的に取り込まれて、既成の教義や形式を洗い直す革新運動の根拠となる。水墨や書跡、連歌(れんが)、能楽、茶道など、わが中世禅院に生まれる芸能は、いずれもかつてのインドにも中国にもなかった新しい禅仏教の表現である。明治以後、ヨーロッパの思想と技術を受容するのに、同じ禅の思考が働いていることは、日本独自の哲学とされる西田哲学にもっとも顕著である。[柳田聖山]
『忽滑谷快天著『禅学思想史』二巻(1923、25・玄黄社) ▽鈴木大拙著『禅思想史研究』四巻(1943~67・岩波書店) ▽柳田聖山著『無の探究』(『仏教の思想 七巻』所収・1969・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん【禅】
〘名〙
① (dhyāna 「禅那」の略) 仏語。涅槃に入るための実践徳目である六波羅蜜の一つ。雑念を退け心を集中して一つの対象をはっきりとらえて思惟すること。絶対の境地に達するために瞑想する修行。→禅定(ぜんじょう)定(じょう)
※菅家後集(903頃)叙意一百韻「合掌帰依仏、廻心学習禅
※日蓮遺文‐諫暁八幡抄(1280)「一切経は指のごとし、禅は月のごとし」 〔勝鬘経‐接受章〕
② 「ぜんしゅう(禅宗)」の略。
※仏乗禅師東帰集(1335頃)国清寺「教禅蛮触闘 羸得滅霊蹤
※猿法語(1761)自身の外に法を求むべからずといふ弁「浄土、法華、禅の、真言のと、互に是非をあらそはんや」
③ 天子が位をゆずること。譲位。禅譲。
※史記抄(1477)一〇「晉は魏の禅を受たぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禅の関連情報

関連キーワード

禅定和尚禅定禅那和尚禅定荼毘パーニニ和尚

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.