Rakuten infoseek

辞書

禁獄【きんごく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禁獄
きんごく
鎌倉,室町時代に行われた自由刑一種。召禁,召とも称せられた。平安末期においては,この語は広く未決,既決のに禁ずるという意味に使用されていた。しかし,それは鎌倉期にいたって,の名称の一つとなり,『御成敗式目』ならびにその追加によれば,この刑は,悪口その他種々の犯罪に科されることになっている。また,明治初期の刑法典である『改定律例』中,閏刑の刑名として掲げられている「禁錮」が,1874年に「禁獄」と改められその後この名称は,82年施行の旧刑法においても重罪の主刑中に重禁獄・軽禁獄として取入れられている。現行刑法では不採用。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きん‐ごく【禁獄】
[名](スル)牢獄に拘禁すること。
「地の底の牢舎へ、―せられる身の上となった」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんごく【禁獄】
囚人を獄に拘禁しておくこと。律令制下における刑罰は笞・・流・死の五罪(刑)であって,禁獄自体は刑名ではない。囚人の逃亡防止などを目的としたもので現行刑法の拘禁に近い。取扱いが比較的緩やかな散禁と,刑具を用いて身体の自由を束縛する禁固の2種があった。重罪の者を特別に長期間禁獄しておくことを長禁といい,別勅による長禁と,八虐罪を犯して死罪になるべきところを死を免じて長禁になった囚人に対しては大赦が適用されなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんごく【禁獄】
スル
囚人を牢獄ろうごくに監禁しておくこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐ごく【禁獄】
〘名〙
① (━する) 獄中に拘禁すること。
※中右記‐寛治六年(1092)四月一五日「少将顕雅朝臣雑色与検非違使庁下部等有闘乱事、各被禁獄云々」
② 明治時代、刑法で国事犯やそれに準ずる犯人を刑務所内に拘禁して、定役に服させないもの。重禁獄と軽禁獄とがある。禁錮刑。〔刑法(明治一三年)(1880)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁獄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禁獄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.