Rakuten infoseek

辞書

禁中並公家諸法度【きんちゅうならびにくげしょはっと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

禁中並公家諸法度
きんちゅうならびにくげしょはっと
公家諸法度』ともいう。元和1 (1615) 年7月 17日,江戸幕府によって制定された法令。 17ヵ条。起草者は金地院崇伝。幕府が「天子は御学問のこと第一」以下朝廷公家の地位を確定したもので,朝廷の権威に対して武家の権威を確立した基本法。『武家諸法度』の場合と違って幕末まで改訂されることはなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんちゅうならびにくげ‐しょはっと【禁中並公家諸法度】
江戸幕府の法令。金地院崇伝(こんちいんすうでん)起草。元和元年(1615)制定。正式名称は禁中方御条目。17条からなり、皇室・公家門跡のありかたなどについて規定したもの。公家諸法度

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんちゅうならびにくげしょはっと【禁中並公家諸法度】
江戸幕府が天皇と公家の行動を規制するために定めた法度。漢文体。大坂の陣直後の1615年(元和1)7月17日,京都二条城で大御所徳川家康,将軍秀忠,前関白二条昭実が連署した17ヵ条の本文を武家伝奏に渡す形式で発布された。当初は〈公家法度〉〈公家掟〉〈公家中諸法度〉などと呼ばれており,天皇を指す〈禁中〉という称呼が加わったのは17世紀後半である。〈天子諸芸能のこと,第一御学問なり〉とした第1条は著名であるが,第2条以下では,三公(太政大臣,左・右大臣)と親王の座次(ざなみ),三公摂関の任免,養子,武家の官位を公家のそれの員数外とすること,年号の定め方,天皇以下公家の衣服,諸公家の昇進の次第,廷臣の刑罰,僧侶の号や紫衣(しえ)勅許の条件などについて定めている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんちゅうならびにくげしょはっと【禁中並公家諸法度】
江戸幕府の対朝廷・公家規制政策の基本法令。全一七条。金地院こんちいん崇伝の起草。1615年発令。以後幕末まで改訂されなかった。公家諸法度。公家法度。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

禁中並公家諸法度
きんちゅうならびにくげしょはっと

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんちゅうならびにくげ‐しょはっと【禁中並公家諸法度】
江戸時代の法令。金地院崇伝起草。正称「禁中方御条目」。元和元年(一六一五)七月発布。江戸幕府が朝廷や公家に対して直接的に規制を図ったもので、天皇の本分、摂家・三公の席次や任免、改元、刑罰、門跡以下僧侶の官位など一七条から成る。幕末まで改訂されなかった。公家諸法度。
※御当家令条‐二・禁中并公家諸法度・慶長二〇年(1615)七月「禁中并公家諸法度」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁中並公家諸法度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

禁中並公家諸法度の関連情報

関連キーワード

本阿弥光悦元和人形浄瑠璃本阿弥光悦古唐津石川康勝大野治長大野治房片桐且元木村重成

他サービスで検索

「禁中並公家諸法度」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.