Rakuten infoseek

辞書

【ヒョウ】

デジタル大辞泉

ひょう〔ヘウ〕【票】
[名]選挙や採決の際、自分の意思を記入して提出する札。また、その札を集計した数。「賛成のを投じる」「が伸びない」
[接尾]助数詞。提出された票の数を数えるのに用いる。上に来る語によっては「びょう」「ぴょう」となる。「五

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょう【票】[漢字項目]
[音]ヒョウ(ヘウ)(呉)(漢)
学習漢字]4年
書き付け。薄い紙片。「軍票通票伝票
選挙や採決に使う札。「票決開票散票青票投票得票白票満票

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びょう〔ベウ〕【票】
[接尾]ひょう(票)」に同じ。「わずか3の差で落選

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぴょう〔ペウ〕【票】
[接尾]ひょう(票)」に同じ。「10の差」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょう【票】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょう【票】
[0] ( 名 )
選挙で投票する紙片。また、その数。 「 -を投ずる」 「 -を読む」 「 -が伸びる」 「浮動-」
( 接尾 )
助数詞。投票数を数えるのに用いる。 「わずか五-差で敗れた」 〔上に来る語によって、「びょう」「ぴょう」ともなる〕
[句項目] 票が開く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びょう【票】
( 接尾 )
ひょう(票)」に同じ。 「一三-の差」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぴょう【票】
( 接尾 )
ひょう(票)」に同じ。 「一〇-の差」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょう ヘウ【票】
[1] 〘名〙
① 官が発行する札。切符。〔英和記簿法字類(1878)〕
② 選挙あるいは会議の表決の際に、意思を書き表わして投票する札。また、投票された札。
[2] 〘接尾〙 投票数を数えるのに用いる語。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉大正十年歳晩記「彼等は『宗教家にも一票を与へよ』てな標語を宣伝して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

票の関連情報

他サービスで検索

「票」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.