Rakuten infoseek

辞書

神霊【シンレイ】

デジタル大辞泉

しん‐れい【神霊】
神。神のみたま。「神霊が宿る」
霊妙な神の徳。神の霊験。
人が死んでとなったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんれい【神霊】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんれい【神霊】
神。神のみたま。また、神のすぐれた徳。
たましい。霊魂。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐れい【神霊】
〘名〙
① 神。また、その神のすぐれた不思議な
※続日本紀‐天平一二年(740)一一月戊子「我是大忠臣也。神我哉」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)塩釜「かかる道の果塵土の境まで神霊あらたにましますこそ〈略〉いと貴けれ」 〔戦国策‐趙策上・武霊王〕
② 人のたましい。また、人が死んで神となったもの。霊魂
※太平記(14C後)三四「玉骨は縦郊原の土と朽させ給ふとも、神霊(レイ)は定て天地に留て、其苗裔をも守り」
※清原国賢書写本荘子抄(1530)六「心は五蔵の主也、神霊の宅也」
③ (形動) 不思議なこと。霊妙なこと。また、そのさま。
※史記抄(1477)一八「も神霊なる事を云ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神霊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神霊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.