Rakuten infoseek

辞書

神経炎【しんけいえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神経炎
しんけいえん
neuritis
ニューロパシーともいう。脊髄神経や脳神経の末梢神経における炎症総称であるが,炎症というより変性であることが多い。運動神経,知覚神経のいずれにも起り,神経の1つだけが侵されたものを単発 (性) 神経炎,多くの神経が同時に侵されたものを多発 (性) 神経炎という。中毒,感染症,栄養障害,外傷,過労などによって起り,神経走路に沿う痛み,知覚障害,運動麻痺がみられる。治療法には,原因療法のほかビタミン B1 投与,電気療法,マッサージなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

神経炎
 神経の炎症で,末梢神経障害の総称.諸種の原因が知られている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんけいえん【神経炎 neuritis】
狭義には神経の炎症であるが,実際上神経障害の原因は必ずしも明らかでないため,原因にかかわらず末梢神経障害neuropathyと同義に用いられることが多い。神経炎は,(1)単神経炎(単一の末梢神経の障害),(2)多発性単神経炎(2本以上の神経の障害),(3)多発神経炎(左右対称性で四肢末梢優位の症状を呈する,多数の神経のびまん性の障害)に分類される。症状は,障害神経の支配領域の運動障害(運動麻痺,運動失調,筋萎縮),感覚障害(表在・深部感覚低下,異常感覚),自律神経障害(皮膚粗造,発汗障害,潰瘍形成など)が単独あるいは種々の程度に組み合わされて認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんけいえん【神経炎】
末梢神経系の炎症。ニューロパチー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神経炎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.