Rakuten infoseek

辞書

神楽【かぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神楽
かぐら
北海道旭川市南部の文教・住宅地区。旧町名。 1968年旭川市に編入。忠別川,美瑛 (びえい) 川にはさまれた標高約 150mの洪積台地上に開けた新市街地で,旭川医科大学,神楽岡ニュータウンなどがある。忠別川にのぞむ台地の北端に,神楽岡公園上川神社がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神楽
かぐら
神を勧請し,神と人とが酒食をともにして歌する鎮魂呪術。またこのとき行なわれる神事芸も神楽の名で呼ぶ。一般に,語源は神座(かむくら)の約音とされる。宮廷で行なわれる御神楽(みかぐら)と民間で行なわれる里神楽がある。
(1) 御神楽 内侍所御神楽ともいい,平安時代に始まった。毎年 12月中旬,宮内庁楽部の楽師によって,宮中賢所の前庭で庭燎を焚いて行なわれる。神楽歌を独唱,斉唱することが主体で,今日では庭火,韓神(からかみ),千歳,早歌,其駒など 12曲を,神楽笛篳篥和琴笏拍子を奏してうたう。全体を人長(にんじょう)が統率し,韓神と其駒の曲では人長がサカキの枝に輪のついた採物を持っても舞う。
(2) 里神楽 その形態により (a) 巫女神楽,(b) 出雲流神楽,(c) 伊勢流神楽,(d) 獅子神楽などに分類される。(a) は巫女自身を神座とするもので,天岩戸の前で舞ったアメノウズメノミコトの舞が,その始源を語るとみられる。本来神憑りして託宣することを目的としたが,しだいに神憑りの前に舞う舞が儀礼化・様式化して,各地の大社などで行なわれている。(b) は島根県松江市鹿島の佐太神社の御座替祭(ござがえまつり)に発するとされる。御座替祭では素面の採物舞である七座神事と式三番,着面の神能が合わせてとり行なわれ,佐陀神能と総称される。今日,岩戸神楽,神代神楽などの名で呼ばれるものがそれで,高千穂神楽,伊予神楽,有田神楽,江戸神楽などもこれに属する。(c) は伊勢神宮で行なわれた湯立神楽(→湯立神事)がもとで,湯釜の周囲で素面,着面の舞が舞われる。愛知県東栄町や豊根村を中心とした花祭,長野県天龍村の冬祭,長野県飯田市などの霜月祭や,秋田県横手市にある保呂羽山の霜月神楽(→霜月祭)などがこれにあたる。(d) は獅子頭を御神体とし,お祓(→)や火伏せの祈祷をするもので,早池峰神楽などの東北の山伏神楽,番楽,能舞では,獅子が各戸を祈祷して歩いたのち,獅子舞のほか能風の曲が演じられる。ほかに伊勢や尾張の太神楽など。
(3) 囃子事(→囃子)の一つ。女神または巫女の舞の伴奏音楽。能小鼓大鼓によって奏される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぐら【神楽】
《「かみくら(神座)」の音変化》
神をまつるために奏する舞楽。宮中の神事芸能で、先行の琴歌神宴(きんかしんえん)などに、石清水八幡(いわしみずはちまん)などの民間の神遊びを取り込み、平安時代に内侍所御神楽(ないしどころみかぐら)として完成。楽人は左右の本方(もとかた)末方(すえかた)の座に分かれ、歌い奏し、主要部分では舞を伴う。御神楽(みかぐら)。
諸社、民間の神事芸能で、神を迎え、その御魂を人々の体内にいわいこめる一連の儀礼中に行われる歌舞。採物(とりもの)神楽(出雲(いずも)神楽・巫女(みこ)神楽)・湯立(ゆだて)神楽伊勢神楽)・獅子(しし)神楽など、多くの系統がある。 冬》
の舞事の一。女神・巫女などが幣束を持って優美に舞う。また、その囃子(はやし)。笛を主に、大・小鼓・太鼓が特有の神楽の譜で演奏される。
狂言の舞事の一。また、その囃子。笛と小鼓の囃子で、巫女が鈴と扇を持って舞う。の神楽とは別の曲。
歌舞伎下座音楽の一。能管・太鼓・大太鼓ではやす。3からの流用で、時代物の神社の場面などに用いる。本神楽。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

かぐら【神楽】
三重の日本酒。酒名は、伊勢神宮の神楽にちなみ命名純米吟醸酒純米酒本醸造酒などがある。仕込み水は鈴鹿山系の伏流水蔵元の「神楽酒造」は安政5年(1858)創業。所在地は四日市市室山町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぐら【神楽】
神前で神をまつるために演じられる神事芸能で,奏楽唱歌舞踊,演劇などさまざまな芸態がある。〈かぐら〉というよみ方については,神座(かむくら)の音韻転化とする説(折口信夫)が定説化している。神楽の字の用例は《万葉集》の諸歌に〈神楽波(ささなみ)の滋賀〉などとあり,〈ささ〉とよむこともあった。これには鎮魂の呪具たる採物(とりもの)のの葉ずれの音(本居宣長)とか,鈴の音(本田安次)などの説があるが,神事芸能を内容とする初見は807年(大同2)の《古語拾遺》の〈猨女(さるめ)君氏,供神楽之事〉である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かぐら【神楽】
能および狂言の用語。(1)能の囃子事。巫女や女体の神などが舞う舞事。《三輪》《竜田》《巻絹》などに用いる。笛,小鼓,大鼓,太鼓で奏演し,笛のリズム打楽器のリズムに合う。普通,前半の純神楽部分と後半の準神舞(かみまい)部分とに分かれるが,その接続のしかたには,で接続する〈段直リ〉と,で接続する〈地直リ〉の2種がある。純神楽部分では笛は固有の旋律を吹き,小鼓も〈神楽地〉という特殊な地を打ち,多く幣をもって舞い,優美にリズミカルに奏演される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かぐら【神楽】
かむくら(神座)の転
神をまつるために奏する歌舞。
宮中の儀式芸能の一。歌が主体で、一部舞を伴う。楽器は和琴・大和笛(神楽笛)・笏拍子しやくびようしであったが、のちに篳篥ひちりきが加わった。平安時代中期に成立。今日に伝わる。御神楽みかぐら
民間神事芸能の一。各地の神社で祭礼の折などに行われる舞・囃子はやし。巫女神楽・出雲神楽・伊勢神楽・獅子神楽などに分類される。里神楽。 [季] 冬。
能や狂言の舞事の一種。能では女神・巫女みこなどが幣や扇を持ち、狂言では巫女が鈴を持って舞う。
下座音楽の本神楽のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かぐら【神楽】
〘名〙 (「神座(かむくら)」の変化した語)
① 神をまつるために神前に奏する舞楽。平安時代にその形が整えられた。楽器は和琴(わごん)、大和笛、笏拍子(しゃくびょうし)の三つを用いたが、のちに篳篥(ひちりき)が加わった。楽人は庭上の左右に本方(もとかた)、末方(すえかた)の座に分かれ、神楽歌をうたい楽器を奏する。舞人が舞を舞うが、人長(にんじょう)は、榊(さかき)、幣(みてぐら)、杖(つえ)などの採物(とりもの)を持って舞う。一二月に行なわれた内侍所(ないしどころ)の御神楽(みかぐら)が最も代表的なもので、その他、貴族の神祭にも夜、庭燎(にわび)をたいて行なわれた。神遊(かみあそび)。《季・冬》
※古語拾遺(807)「猿女君氏、神楽(かぐら)の事を供(たてまつ)る」
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「かくて、十一月になりて、御かぐらし給ふべきまうけし給ふ」
諸社、民間に行なわれる芸能。すなわち、巫女が舞う巫女神楽、神話・伝説を黙劇または科白劇で演じる里神楽・太太神楽(だいだいかぐら)、清めの湯をふりかける湯立神楽、家ごとに獅子頭をまわし息災延命を祈る獅子神楽など。《季・冬》
※俳諧・毛吹草(1638)二「中冬〈略〉神楽里神楽
③ 能の舞の一種、およびその伴奏の器楽の名。神、天女、巫女などの役の者が巫女神楽にまねて舞うもの。主としてシテが、また、時としてツレも舞う。
※三道(1423)「物まねの人体の品々、天女・神女・乙女、是、神楽の舞歌也」
④ 狂言の囃子と舞。巫女が鈴と扇を持って舞うもので、笛、小鼓で演奏する。能の神楽とは別物で、祈祷の気分を持ち、民俗芸能的な味わいをも感じさせる。「石神」「太鼓負」「大般若」で用いられる。
⑤ 歌舞伎の囃子鳴り物の一つ。能の囃子から歌舞伎の下座(げざ)音楽に移されたもので、能管、太鼓、大太鼓ではやす。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)一「ト神楽に成り、〈略〉神主・仕丁を連れ、鳥井の内へ這入」
⑥ 平屋(ひらや)の上へ二階を建て増したもの。おかぐら。〔東京語辞典(1917)〕
⑦ ひょっとこのような顔。また、その人。〔東京語辞典(1917)〕
⑧ 古来日本で栽培されていたワタの栽培品種の一つ。東洋の在来種であるアジアワタで、花色が黄色または白色のものをいう。神楽綿。
※農業全書(1697)六「木綿は〈略〉其たね色色ある中に、白花のかぐら、黄花のかぐら、是すぐれたるたねなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみ‐がく【神楽】
〘名〙 能楽の舞の一つ。「(おきな)」で、シテの翁が舞う舞。小鼓三つではやし、笛があしらう特殊な舞。翁役を神になぞらえたもの。翁の舞。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.