Rakuten infoseek

辞書

神楽笛【かぐらぶえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神楽笛
かぐらぶえ
日本の気鳴楽器。御神楽用の竹製横笛。別名和 (やまとぶえ) ,太笛 (ふとぶえ) 。全長約 45cm,日本の横笛中最長。6孔。孔名は低い方から干 (かん) ,五,上,夕 (しゃく) ,中,六。その音域は,ロから,2オクターブ上のハまであるが,筒音のロは用いない。日本古来の笛といわれるが,形体,孔名,音律などからみて,竜笛高麗笛を模したものと考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぐら‐ぶえ【神楽笛】
宮廷の御神楽(みかぐら)に用いる横笛。歌口のほか六つの指孔があり、七つの指孔の雅楽の横笛(竜笛(りゅうてき))より音律がやや低い。大和笛。太笛。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぐらぶえ【神楽笛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かぐらぶえ【神楽笛】
日本古来の横笛。六孔で宮中の神楽に用いる。太笛ふとぶえ。大和笛やまとぶえ。神笛。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神楽笛
かぐらぶえ
宮中・諸神社で神楽の伴奏に用いる横笛。「大和(やまと)笛」「和(やまと)笛」「太(ふと)笛」ともいう。全長約45.5センチメートル、外径約1.8センチメートルで、雅楽の3種の笛のうち最長。指孔は6孔、管尾から干(かん)・五(ご)(じょう)・夕(しゃく)・中(ちゅう)・六(ろく)とよぶ。他の2笛、竜管より長2度、高麗(こま)笛より長3度低い。『続教訓抄』(1444~49)に「太笛モ本(もと)ハ横笛ノ壱越(いちこつ)調ニ会(あう)ホドノ笛ニゾ待(はべ)リケル」とあることから、平安中期の『延喜格(えんぎきゃく)』(907選)に「楢笛(ならぶえ)」と称された高麗笛が大形化されたものと考えられ、両者とも構造・奏法が類似する。音色は静寂で、音高は神楽歌の旋律にすなおに沿い、古く『枕草子(まくらのそうし)』66段にも、「神楽の笛の面白(おもしろ)うわななき、細う吹きすましたる」とある。[橋本曜子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かぐら‐ぶえ【神楽笛】
〘名〙 宮廷の神楽に用いる横吹きの笛。歌口(うたぐち)のほか六つの指孔があり、七つの指孔を持つ雅楽の横笛(おうてき)、龍笛(りゅうてき)に比べ音律がやや低い。やまとぶえ。ふとぶえ。
※俳諧・毛吹草(1638)五「鶯の音やとし徳のかくら笛〈政公〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神楽笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神楽笛の関連情報

他サービスで検索

「神楽笛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.