Rakuten infoseek

辞書

神林【かみはやし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神林
かみはやし
新潟県北部,村上市南部の旧村域。荒川下流の右岸に位置する。1955年平林村,神納村,西神納村の 3村が合体して神林村が成立。2008年村上市,荒川町,山北町,朝日村の 4市町村と合体して村上市となった。早場米の産地。西部の砂丘地では球根を栽培。餅やハムの製造など食品加工業も行なわれる。国指定史跡の平林城跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

神林(かみはやし)
新潟県村上市にある道の駅。国道7号に沿う。愛称は「穂波(ほなみ)の里」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神林
かみはやし
新潟県北部、岩船郡(いわふねぐん)にあった旧村名(神林村(むら))。2008年(平成20)村上(むらかみ)市に合併し、村上市の南部を占める一地域となる。JR羽越本線(うえつほんせん)と国道7号、290号、345号が通じる。旧村域は荒川の右岸にある穀倉地帯で、県北の銘柄米として知られる荒川米の主産地。要害(ようがい)山には中世、色部(いろべ)氏の居城であった平林城跡(ひらばやし)(国指定史跡)があり、平林はその城下町で古い六斎(ろくさい)市場町でもあった。荒川河口の砂丘上にある塩谷(しおや)浜は、村上藩の外港で、近くには御幕場(おんまくば)(奥女中の行楽地)もある。[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神林の関連情報

他サービスで検索

「神林」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.