Rakuten infoseek

辞書

神戸【かんべ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神戸
かんべ
三重県北部,鈴鹿市中心市街地の1つ。旧町名。地名はかつて伊勢神宮領であったときの名に由来。室町時代,この地方の豪族神戸氏の居城が築かれ,江戸時代も神戸藩の城下町であった。城跡は現在,公園となっている。市役所,文化会館などが集り,行政・文教の中心地

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神戸
かんべ
古代,神社に属して,その経済を支えた特定の民。大化改新の前は神社所有の部民であろう。令制では神社に与えられた封戸 (ふこ) の一つで神社に,調,雑役を納め,神祇官管轄に属したが,一般の民戸に準じて太政官民部省などの支配も受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かむ‐べ【神戸】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐べ【神戸】
《「かむべ」とも表記》神社に属して、調雑役を神社に納めた民戸。神封戸(じんふこ)。神部(かんべ)。じんこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうべ〔かうべ〕【神戸】
兵庫県南東部の市。県庁所在地指定都市大阪湾に臨む。古代、大輪田泊(おおわだのとまり)として知られ、のち、平清盛が改修して兵庫津(ひょうごのつ)とよばれた。慶応3年(1867)の開港後、国際港として急速に発展。阪神工業地帯の一中心。平成7年(1995)阪神・淡路大震災の被害を受けた。名称は生田(いくた)神社の神戸(かんべ)に由来。人口154.5万(2010)。
[補説]神戸市の9区
北区須磨区垂水区中央区長田区灘区西区東灘区兵庫区

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん‐こ【神戸】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんべ【神戸】
日本古代において,神社に世襲的に所属して,貢納と奉仕を任とした民戸。《日本書紀》崇神7年条に神戸の起源説話がみえるが,大化前代の神戸は部民的性格を持っていたと考えられている。令制では,国司によって作成された神戸の戸籍・計帳が神祇官に掌握され,封戸の一種として,調庸田租雑徭を負担した。その調庸,田租は国司の管理のもとに神社の造営,供神の料にあてられ,田租の残りは神税として義倉に準じて貯蔵され,出挙(すいこ)されなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かむべ【神戸】
かんべ(神戸)」に同じ。 「神地かむどころ・-を定む/日本書紀 崇神訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんべ【神戸】
神社に付属して、租税・課役を神社に納めた民。神封戸じんふこ。かむべ。神部。じんこ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごうど【神戸】
岐阜県南西部、安八あんぱち郡の町。日吉ひよし神社の門前町として発達。東山道と揖斐川水運の要地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうべ【神戸】
兵庫県南東部の市。県庁所在地。指定都市。大阪湾に臨み、背後に六甲山地が迫る狭長な地に中心市街地が発達。日本有数の貿易港で、阪神工業地帯の中核。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じんこ【神戸】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔三重県〕神戸(かんべ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔埼玉県〕神戸(ごうど)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かむ‐べ【神戸】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐べ【神戸】
〘名〙 (「かむべ」とも表記) 令制での神社の封戸(ふこ)。神社に属して租、庸、調や雑役を神社に納めた民戸。じんこ。神封戸。神部。〔令義解(718)〕
※書紀(720)崇神七年一一月(北野本訓)「天つ社(やしろ)、国つ社(やしろ)、及(をよ)び神地(かみところ)、神戸(カムヘ)を定む」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんべ【神戸】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうべ かうべ【神戸】
(生田(いくた)神社の神領に付属した民戸、すなわち、神戸(かんべ)を中心に発達したことによると伝えられる) 兵庫県南東部の地名。県庁所在地。大阪湾に面する。古くは大輪田の泊と呼ばれた兵庫港を中心に、対外貿易の拠点となり、慶応三年(一八六七)神戸港の開港後は国際貿易港として発展。清酒醸造業は古くから知られ、阪神工業地帯の一中心を形成。六甲山、有馬温泉などがある。明治二二年(一八八九)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん‐こ【神戸】
〘名〙 (「しんこ」とも) 神社に与えられて租(そ)、庸(よう)、調などの租税や祝(はふり)などの雑役を納めた民戸。かんべ。〔新令字解(1868)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神戸の関連情報

他サービスで検索

「神戸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.