Rakuten infoseek

辞書

神崎【かんざき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神崎
かんざき
兵庫県中部,神河町東部の旧町域。市川の支流越知川,猪篠川の流域にある。 1955年大山村,越知谷村,粟賀村の3村が合体して町制。 2005年大河内町と合体して神河町となった。地名は郡名による。中心集落の粟賀は生野街道の要地で,江戸時代は生野銀山の鉱産物輸送路,陣屋町として栄えた。耐火煉瓦の原料ろう石と,スギ,ヒノキを産し,線香も製造される。東部笠形山千ヶ峰県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんざき【神崎】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんざき【神崎】
兵庫県尼崎市内にある地名。古代には住吉社に属する神前審神浜(さにわのはま)であり,同社の神事が行われる場であったと推測されるが,平安時代になり,神崎川が瀬戸内海から淀川を経て平安京に至る水路の,重要な中継点となったことから,河口の同地は,急速に町としての発展をみた。とくに遊興地としての発展はめざましく,河菰姫,孤蘇,宮子,力命などをはじめとする遊女が蝟集(いしゆう)し,その繁栄のさまは貴族の日記にも記されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かみざき【神崎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんざき【神崎】
淀川の支流神崎川の下流にあった集落。平安時代、京と山陽地域を結ぶ水上交通の要地。上流の江口とともに遊女が多かったことで知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんざき【神崎】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんざき【神崎】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.