Rakuten infoseek

辞書

神島【かみしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神島
かみしま
「かみじま」ともいう。三重県鳥羽市北東方,伊勢湾口にある島。鳥羽港から約 15km,愛知県伊良湖岬から 4kmに位置し,鳥羽市に属する。最高点 171m。周辺暗礁が多く,伊勢湾屈指の好漁場で,海釣りの好適地。タコ水揚げが多い。伊良湖岬との間は伊良湖水道と呼ばれ,潮流が激しく,海上交通難所として有名。三島由紀夫の『潮騒』の舞台として知られる。伊勢志摩国立公園に属する。面積 0.76km2人口 534 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神島
こうのしま
岡山県南西部,笠岡市の島であったが,笠岡湾の干拓により 1977年本土と陸繋島化した。南岸には化学肥料工場があり,丘陵部ではミカン栽培も行われる。面積 9.57km2。人口 3297 (1996) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

神島
伊勢湾口に浮かび、周囲約4キロ。主産業は漁業三島取材で訪れた1953年当時、約1400人いた島民は現在177世帯、497人。
(2007-04-10 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉プラス

神島(かしま)
和歌山県田辺市、田辺湾にある無人島。「おやま」「こやま」の2島からなり、干潮時にはこの2つの島が陸続きとなる。国指定名勝「南方曼陀羅の風景地」の構成地のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神島
△三重県鳥羽市▽、志摩諸島に属する島。伊良湖水道の中央部に位置する。距離的には鳥羽港よりも、愛知県・渥美半島の伊良湖岬に近い。奈良時代平安時代から海上交通の要衝。三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台として有名で、現在も海女漁が行われている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かしま【神島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみじま【神島】
三重県鳥羽市北東部、伊勢湾口の小島。周辺は好漁場で、タコの水揚げが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

神島
(三重県鳥羽市神島)
恋人の聖地プロジェクト」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐しま【神島】
[一] 岡山県笠岡市、笠岡港の南にある神島(こうのしま)のこと。一説には、広島県福山市西神島(にしかしま)町(旧神島村)ともいわれる。
※万葉(8C後)一五・三五九九「月よみの光を清み神島(かみしま)の磯廻(いそみ)の浦ゆ船出すわれは」
[二] 兵庫県南西部、家島諸島の最東端にある上島の古称。〔播磨風土記(715頃)〕
[三] 三重県鳥羽市、伊勢湾口にある島。三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台、歌島のモデル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみ‐じま【神島】
海中にあって、神仙が住むといわれる蓬莱山(ほうらいざん)の別名。亀山(かめやま)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かみ‐じま【神島】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.