Rakuten infoseek

辞書

神寄板・神依板【かみよりいた】

精選版 日本国語大辞典

かみより‐いた【神寄板・神依板】
〘名〙 上代、神霊を招き寄せるためにたたき鳴らした杉の板。(ことがみ)に置くところから琴の板ともいった。神の寄板。
※万葉(8C後)九・一七七三「神南備(かむなび)の神依板(かみよりいた)にする杉の念(おも)ひも過ぎず恋のしげきに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神寄板・神依板」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神寄板・神依板の関連情報

他サービスで検索

「神寄板・神依板」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.