Rakuten infoseek

辞書

神仙女王【しんせんじょおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神仙女王
しんせんじょおう
The Faerie Queene
イギリスの詩人 E.スペンサーの長編寓意詩。「神仙女王」 (「栄光」またはエリザベス女王を表わす) をめぐる 12人の騎士 (12の美徳) の冒険物語に,プリンス・アーサー (最高美徳カロカガティア) の助勢を織り込む 12巻の叙事詩となるはずが,20年を費やしてなお最初の6巻 (1~3巻,1590,4~6巻,96) と第7巻の断片 (1609) に終った。第1巻では「赤十字騎士 (英国国教会) 」が処女ユーナ (真理) を偽善淫乱,絶望から守りこれと結婚,第2巻では「節制」の騎士が肉欲の妖女と戦い,第3巻では「貞節」の女騎士が冒険し,第4巻では「友情」の騎士が,第5巻では当時の歴史的事実に寓意的言及をしながら「正義」の騎士が冒険し,第6巻では「礼節」の騎士が「中傷」の野獣を討つ。人間の自然的欲望を宗教をふまえた意志によって克服し「騎士道」を打立てようとする作者の意図が,華麗な絵画的イメージとスペンサー連の美しい律動に託して展開されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんせんじょおう【神仙女王 The Faerie Queene】
イギリス・ルネサンス期を代表する詩人E.スペンサーの寓意叙事詩。第1~3巻は1590年,第4~6巻は96年刊,第7巻は未完。当時のエリザベス女王を,栄光に満ちた,貞節のかがみとしての神仙国の女王に見たて,これにイギリスの伝説の英雄アーサー王が騎士的思慕をささげる構想当初のプランでは,叙事詩の伝統に則して12巻をたて,各巻の主人公として神仙女王に仕える12人の騎士のひとりひとりが割り当てられるはずであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

神仙女王
しんせんじょおう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神仙女王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神仙女王の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.