Rakuten infoseek

辞書

神人【じにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神人
じにん
「じんにん」とも読む。神社の下級神職および付属の隷属民。神主宮司などの社家に支配され,社務雑役にあたった。強訴に際しては神木神輿を奉じてその主力となり,寺院の僧兵に近いものであった。このような奉仕の反対給付として,商業的特権を認められ,をつくって経済的活動をした神人も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かみん‐ちゅ【人】
沖縄地方で、神をまつる巫女(みこ)の総称。正式の資格をもつ巫女のほかに、村祭りのときだけ資格を与えられる巫女をもいう。
[補説]書名別項。→神女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐にん【神人】
中世、神社に奉仕し、その保護を得ることによって宗教的、身分的特権を有した者。国などの課役を免れ、また、神木・神輿(しんよ)を奉じて強訴(ごうそ)を行ったりした。芸能民・商工業者のほか、武士や百姓の中にも神人となる者があった。神民。じんにん。→犬神人(いぬじにん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐じん【神人】
神と人。
神のように気高い人。また、神のような力をもつ人。仙人。
「剛健な獣の野性と、翼を持つ鳥の自由と、深秘を体得した―の霊性とを」〈藤村夜明け前
《〈ラテン〉deus homo》キリスト教で、イエス=キリストのこと。
じにん(神人)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん‐にん【神人】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じにん【神人】
〈じんにん〉ともいう。平安時代末期から室町時代末期にかけての荘園制社会において,さかんに活動した神社の下級神職者や寄人(よりうど)と呼ばれた人をさす。奈良時代律令制の身分制度で〈神奴(しんど∥かみやつこ)〉〈神賤(しんせん)〉とされ,神社に隷属して領地田畠の耕作,調度品の製造,社域内の清掃をはじめとする雑役を務めた賤民の系譜をひくものとみられている。神主職,宮司職の配下に置かれ,種々の任務職掌をそれぞれの伝統・習慣に応じて分担したが,神社組織での本末関係(本社と各末社との関係)により,本社に常勤奉仕する神人を〈本社神人〉,各地の末社を中核とする社領荘園に散在し,寄人として末社の任務に従事した神人を〈散在神人〉と称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

じんにん【神人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみんちゅ【神人】
沖縄で、巫女みこの総称。
沖縄で、村祭りに巫女として参加する女性。宮古島狩俣のウヤガム祭や沖縄本島国頭地方のウンジャミなどにみられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じにん【神人】
〔「じんにん」とも〕
平安時代から室町時代にかけて、神社に仕え、神事・社務の補助や雑事を担当した下級神職や寄人よりうど。平安末期には、僧兵と同様、強訴ごうそなどを行なった。鎌倉時代以降、課役免除の特権を得るために商工人・芸能人が神人となり、座を組織した例も多い。しんじん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんじん【神人】
神と人。
神のように気高い人。また、神のように万能な人。
キリスト教で、イエスキリストのこと。
じにん(神人)」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じんにん【神人】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐びと【神人】
〘名〙 神主(かんぬし)など、神に仕える人。かんづかさ。かんびと。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「神ひとの手に取りもたる榊葉にゆふ懸け添ふる深き夜の霜」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみん‐ちゅ【神人】
〘名〙 沖縄地方で、神をまつる巫女(みこ)の総称。正式な資格をもつ巫女のほかに、村祭りのときだけ資格を与えられる巫女をもいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐にん【神人】
〘名〙
① 神社に奉仕する下級の神職や寄人(よりうど)。神主、禰宜、祝(はふり)などの祠官の下に置かれ、年中神事の雑役や社頭の警備などに当たったもの。古くからその神社と縁故をもち、祭礼のときには、一定の職を特権として世襲している例が多い。また、中世には武力によってしばしば強訴・乱行を行なった。じんにん。しんじん。
霊異記(810‐824)中「其の門の左右に二の神人立ち、身に鉀鎧(よろひ)を著、額に緋の蘰(かづら)を著けたり」
※神道名目類聚抄(1699)五「下司 下部の神役人なり。神人(ジニン) ことわり上に同じ」
② 神社に隷属して、芸能・商工業あるいは卑賤な役に従事するもの。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「其魚梁船の事をば、〈略〉安村といふ龍田本宮の神人支配し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐じん【神人】
〘名〙
① 神と人。
※明六雑誌‐五号(1874)教門論・二〈西周〉「神人を和して之を一にせむと欲するなり」 〔書経‐舜典〕
② 神のようにけだかい人。また、神通力を得た人。仙人。
※霊異記(810‐824)下「悟る所は未だ神人弁者の答術を得ず」 〔戦国策‐衛策・中山〕
※古活字本毛詩抄(17C前)一七「神人やみことが払いをするやうに悪事を払ひのけてだされた程に子ができたぞ」
キリスト教で、イエス‐キリストをさしていうことば。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん‐にん【神人】
〘名〙
※高野本平家(13C前)一「神輿(しんよ)にたつところの箭(や)をば神人(ジンニン)してこれをぬかせらる」
② 神的存在。
拾遺往生伝(1111頃)中「神人暗来、得命難

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神人の関連情報

他サービスで検索

「神人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.