Rakuten infoseek

辞書

神主【カンヌシ】

デジタル大辞泉

かん‐ぬし【神主】
神社に奉仕して、神事に従うことを業としている人。神官神職。また、その長。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐しゅ【神主】
《古くは「じんしゅ」とも》
もののたましい。
儒教の葬礼で、死者の官位・姓名を書く霊牌。仏教の位牌にあたる。
かんぬし」に同じ。
「仮令(たとへば)、―、祝部(はふり)の名には」〈色道大鏡・一一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぬし【神主】
一般に神社で神事に仕える人をいう。神官,神職とも同義に使われることもある。初見は,崇神天皇のときに大物主(おおものぬし)命がたたり疫病蔓延したおり,神孫の意富多多泥古(おおたたねこ)を神主としてまつらしめたところ,天下平安を得たという(《古事記》)。つまり,上代においては,神主となる条件として血縁関係が重要とされたことを物語る。《延喜式》に収載する祝詞には,〈集侍(うごな)はれる神主・祝部(はふりべ)等諸聞食(きこしめ)せと宣る〉と見え,上級の神官をさしたものと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しんしゅ【神主】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんぬし【神主】
神社に仕えて神をまつる人。また、その長。神官。
僧の用いる隠語。禰宜ねぎと音が通ずるところからねぎ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんしゅ【神主】
儒教で、死者の官位・姓名を記して祠堂しどうに安置する霊牌れいはい
かんぬし。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神主
かんぬし
もとは神事をつかさどる者、あるいは神を祀(まつ)る聖なる者の意である。現在は神職と同義に用いられる。『古事記』崇神(すじん)天皇の条に「意富多多泥古命(おほたたねこのみこと)を以(も)ちて神主と為(し)て、御諸(みもろ)山に意富美和之大神(おほみわのおほかみ)の前(みまえ)を拝(いつ)き祭りたまひき」とあり、また『日本書紀』には神功(じんぐう)皇后自らが斎宮に入って神主となり、託宣を行ったことがみえる。上古には祭政一致であったため氏上(うじのかみ)が氏人を率いて奉祀(ほうし)したり、また国造(くにのみやつこ)、県主(あがたぬし)などの地方長官が司祭者として祭祀を行った。各地の神社のなかには、大(おお)神主、総神主、権(ごん)神主などとよばれるものもあり、また神職としては宮司(ぐうじ)、神主、禰宜(ねぎ)、祝(はふり)、巫(かんなぎ)などがあった。宮司は主として神社全般の事務管掌責任者であるが、神主はもっぱら祭祀のことに奉仕する最上位の職であった。近世以後はこれらの神職を総称して俗に神主とよぶようになった。また民間では、宮座を構成する人々のなかから1年交代で神主を務める当屋(とうや)神主、一年神主、年番(ねんばん)神主の制が近代まで広く行われた。選ばれた者は1年間は精進潔斎し、村人全体の代表者として神に奉仕する一方、村人に対しては神の象徴として臨み、氏神の祭祀にあたった。[森安 仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かむ‐ぬし【神主】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐ぬし【神主】
〘名〙 (「かむぬし」とも表記)
① 臨時に神を祭るときに、主となって事を行なう人。神事を主宰する人。祭主(さいしゅ)
※書紀(720)崇神七年八月(熱田本訓)「大田田根子命を以て、大物主大神を祭(いやま)う主(カムヌシ)と為(し)
② 神社に仕える神人の長。禰宜(ねぎ)、祝部(はふりべ)などの上に立って、神事に関するいっさいのことをつかさどる人。
※続日本紀‐和銅四年(711)三月辛亥「伊勢国人磯部祖父、高志二人、賜姓渡相神主
※延喜式(927)詞(出雲板訓)「集(うこま)り侍(はんへ)る神主(カムヌシ)・祝部(はふりへ)(たち)
③ (広く一般に用いて) 神に仕える人。神官。神道家。神職。
※今昔(1120頃か)四「一人の神主、御神付て出来て示して云く」
④ (神職である禰宜(ねぎ)と、植物のネギとが同音であるところから) ネギをいう隠語。主として僧侶仲間で用いられる。
※談義本・根無草(1763‐69)前「鳧(かも)を明神、葱(ねぎ)を神主などと名付け」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐ぬし かう‥【神主】
〘名〙 (「こう」は「かみ」の変化した語) =かんぬし(神主)
梁塵秘抄(1179頃)二「稲荷には禰宜も祝もかうぬしも無きやらん 社壊れて神さびにけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐しゅ【神主】
〘名〙 (古くは「じんしゅ」とも)
① ものの霊。ぬし。
② 儒葬で死者の官位姓名を書き祠堂に安置する霊牌。仏教の位牌にあたるもの。木主
※雑話筆記(1719‐61)上「ここが烏乱(うろん)に御座候ては、神主を立ても異なものに存じ候」 〔五代史記‐周本紀〕
③ 神につかえる人。神官。神職。かんぬし。〔いろは字(1559)〕
※評判記・色道大鏡(1678)一一「仮令(たとへば)、神主(シンシュ)、祝部(はうり)の名には、左京・右京・〈略〉織部・宮内などいふこそ相応すべけれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神主の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.