Rakuten infoseek

辞書

【ソ】

デジタル大辞泉

そ【祖】
ある血統・家系の初代。「当家の
ある物事を始めた人。元祖。開祖。「天文学の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【祖】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]おや
学習漢字]5年
家系を開いた人。また、それを継いだ各世代の重なり。「祖国祖先遠祖家祖皇祖高祖先祖(せんぞ)父祖
父母の父。親の親。「祖父祖母外祖曽祖(そうそ)
一派を開いた人。物事のもと。「祖師開祖教祖始祖鼻祖仏祖
のっとって従う。「祖述
旅の安全を守る神。「道祖神
[名のり]さき・のり・はじめ・ひろ・もと
[難読]御祖父(おじい)さん御祖母(おばあ)さん祖父(じじ)祖母(ばば)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そ【祖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そ【祖】
その血統。一家系の最初の人。 「清和天皇を-とする」
一つの教え・流派、物事などを始めた人。元祖。 「細菌学の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ【祖】
〘名〙
① 父の父。おおじ。じじ。祖父。
※親族正名(1725)「父より祖を親み、子より孫を親む」 〔易経‐小過卦〕
② その血統、家系の最初の人。とおつおや。先祖。
※史記抄(1477)四「秦は姓の祖なりとは云へども」 〔詩経‐大雅〕
③ ある物事を創始した人。開祖。元祖。
※正法眼蔵(1231‐53)一顆明珠「仏は仏に嗣し、祖は祖に嗣す」
※日本書紀桃源抄(15C後)「天照大神は王道の祖也」
④ 物事のはじめ。もと。きっかけ。
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「おめかけはほうじを祖としねだり事」
※寄席風俗‐上方落語・芝居噺研究(1942)〈正岡容〉「上方噺は〈略〉京都真葛ケ原の野天に於て興行したものを祖としてゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祖の関連情報

他サービスで検索

「祖」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.