Rakuten infoseek

辞書

祁答院【けどういん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

祁答院
けどういん
鹿児島県北西部,薩摩川内市東部の旧町域。シラス台地にある。 1955年藺牟田村,黒木村,大村の3村が合体して町制。 2004年川内市,樋脇町,入来町,東郷町,村,上甑村,下甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。天平時代の祁答院氏から,渋谷氏を経て,江戸時代は島津氏の所領。シラス台地とそれを刻む川内川支流の久富木川の谷では,米を中心に葉タバコ,ミカンを多産。畜産振興により和牛の飼育も盛ん。南部に藺牟田火山群 (最高点 509m) ,藺牟田池などがあり,山麓には温泉も湧出。藺牟田池県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けどういん【祁答院】
鹿児島県北西部、薩摩川内さつませんだい市の地名。藺牟田いむた池の泥炭形成植物群落は天然記念物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

祁答院
けどういん
鹿児島県中北部、薩摩郡(さつまぐん)にあった旧町名(祁答院町(ちょう))。現在は薩摩川内(せんだい)市の東部を占める一地区。1955年(昭和30)黒木村、藺牟田(いむた)村、大村の3村が合併して町制施行。2004年(平成16)川内市、樋脇(ひわき)町、入来(いりき)町、東郷(とうごう)町、里(さと)村、上甑(かみこしき)村、下甑(しもこしき)村、鹿島(かしま)村と合併、薩摩川内市となる。旧町域は、川内川支流久富木(くぶき)川、大王川などの流域にある農山村。名称の「祁答院」は、紫尾山麓(しびさんろく)の祈祷院(きとういん)神興寺(しんこうじ)がのちに祁答院に転訛(てんか)したという説があるが、中世には川内川中流域一帯の地域名で祁答院氏の所領であった。水稲作、野菜栽培、畜産などの農業が中心。南西部の藺牟田火山一帯は藺牟田池県立自然公園に指定され、藺牟田温泉があり、火口湖の藺牟田池には国指定天然記念物「泥炭形成植物群落」がある。[田島康弘]
『『わたしたちの祁答院町』(1967・祁答院町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祁答院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祁答院の関連情報

他サービスで検索

「祁答院」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.