Rakuten infoseek

辞書

社殿【シャデン】

デジタル大辞泉

しゃ‐でん【社殿】
神社の建造物のこと。本殿幣殿拝殿神楽殿などがある。
(「鈔天」「社天」とも書く)歌舞伎下座音楽の一。太鼓銅鑼(どら)の縁を打ち合わせる鳴り物で、時代物花見の場などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゃでん【社殿】
神社の、神体をまつっておく建物。また、神社の各種の殿舎。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃ‐でん【社殿】
〘名〙
① 本殿・拝殿・舞殿など、神社境内の主要な建物のこと。祭神を鎮祭する本殿をさすことが多い。
※九冊本宝物集(1179頃)五「五百りゃうの車をかざりて、社殿にまゐりてあはん」
② 歌舞伎囃子の一種。太鼓と小銅鑼(どら)の縁とを打ち合わせる。神社などの出入りや花見の混雑した情景の描写に用いる。壬生狂言の鰐口(わにぐち)の縄を引いて鳴らす音を模したもの。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「『まあまあ待って貰ふべい』ト誂のしゃでんの様な鳴物にて、皆々花道へかかる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社殿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.