Rakuten infoseek

辞書

社会工学【しゃかいこうがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

社会工学
しゃかいこうがく
social engineering
工業科学と社会科学の接点を研究する学問社会の形態,動向をシステム工学的なアプローチでとらえようとするもの。社会を行動する個人の集合体とみて,集合体の動きを統一的に解釈することによって社会の各種の問題の要因や要因間の関係を定量的に取扱う。新たな研究開発,既成の技術や知識の再システム化,テクノロジーシステムにおける人間的要素の重要性の認識などの面で成果をあげている。都市計画,公害防止,ごみ対策,犯罪防止などがテーマ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃかい‐こうがく〔シヤクワイ‐〕【社会工学】
社会科学の知識を総合して、工学手法によって社会問題解決方法を開発しようとする学問。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃかいこうがく【社会工学 social engineering】
社会問題の解決や社会システム制御を,工学的問題解決と同型的な方法論を用いて行おうとする立場をいう。この手法は,経済成長計画や金融財政政策に見られるように,すでに第2次大戦以前に各国に見いだすことができる。すなわち,自然科学の法則的知識を,社会科学の理論的予知に応用して,社会組織の改造や改善の諸計画を立てるという手法である。社会工学が急速に進展した背景には,コンピューターの発達がある。狭義の社会工学は大規模な工学的システムの設計のために開発され,大きな有効性を発揮してきたシステム工学の手法とそれに隣接する社会システム分析の手法を利用し,まず社会システムを,相互連関する一群変数としてモデル化する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃかいこうがく【社会工学】
社会問題の解決や社会システムの制御を工学的方法を用いて行おうとする学問。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

社会工学
しゃかいこうがく
social engineering
社会現象を社会システムとしてとらえ、システム工学(システム・エンジニアリング)やシステム分析の手法を用いることによって体系的に制御し、社会問題の解決方法を探る学問。システム工学と社会科学とが結合した新しい学際的領域である。日本では東京工業大学や筑波(つくば)大学にこの社会工学の専門的な研究組織がつくられている。[本間康平]

発展の背景

社会工学の急速な発展を促した背景として、コンピュータリゼーションに象徴されるような脱工業化社会への移行という現代社会の動態がある。そのような流れのなかで、システム工学は、既存のテクノロジーのシステム化を推し進めて研究開発型の体制をつくりあげるとともに、テクノロジー・システムにおける社会的要素ないし人間的要素の重要性が再認識され、これらの要素をシステムのなかに取り込むための方策を求めて社会科学への接近が図られた。これに対して社会科学の研究領域では、イデオロギーから解放された科学として確立し、システム科学や情報科学から理論や発想法を取り入れて社会制度や人間の行動の推移を予測し、現代社会の当面する諸問題を解決するための有効な社会計画をたてなければならないという事態を迎えたため、システム工学へ接近していった。このような両者の事情が社会工学を生み出した。そのため、社会工学は、伝統的な学問体系と異なり、問題解決型の横割りのプロジェクト志向が強い。[本間康平]

成果

社会工学の成果の一つに社会指標の導入がある。社会指標とは、望ましい社会状態を実現し、人間的な欲求の充足を図るための指標であり、社会の一定の側面について、その状態の認識、その将来の予測、その状態の評価、それに基づく制御という四つの機能をもつ。社会指標は、経済指標としての国民所得の限界を補うものとして登場した。国民所得の統計によれば、経済的な裕福度が上昇しているにもかかわらず、社会問題はいっそう深刻になっているという現象がみられ、それを測定するために社会指標が求められた。その場合、経済的なものと区別された社会的なものには、所得として貨幣量に還元して測定することが可能であるが不適当なものと、貨幣量に還元して測定すること自体が不適切なものとが含まれる。この社会的なものに含まれる諸事象のなかで、数量的表現を与えることができ、量と質との両方の面で代表的な少数のものが選択されて社会指標を構成している。[本間康平]

課題

社会工学で取り上げる社会システムは、システムを構成している諸変数が一方向的な因果関係でとらえることのできない相互依存関係にある、という特色をもっている。そのため、社会工学は、それぞれの変数がさまざまな方向性をもち、変数相互の間の誘引・反発も多種多様であるという状況のもとで、制御することのできる変数をどのようにして決めればよいのか、どこまで制御することができるのか、さらに、制御すること自体がよいのか悪いのか、といった点への配慮がつねに課題として残されている。[本間康平]
『K・R・ポパー著、久野収・市井三郎訳『歴史主義の貧困』(1961・中央公論社) ▽林雄二郎著『社会工学 システムとしてみる社会』(1971・筑摩書房) ▽R・A・バウア編著、小松崎清介訳『社会指標』(1976・産業能率大学出版部) ▽W・バックレイ著、新睦人・中野秀一郎訳『一般社会システム論』(1980・誠信書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃかい‐こうがく シャクヮイ‥【社会工学】
〘名〙 社会問題を工学的技法によって分析し解決しようとする学問。公害防止、国土開発、都市計画などのように総合的判断を必要とする社会問題について、予測、計画、組織、管理などを緻密に研究し、対策を立案する。ソーシャル‐エンジニアリング。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会工学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社会工学の関連情報

他サービスで検索

「社会工学」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.