Rakuten infoseek

辞書

社会制度【しゃかいせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

社会制度
しゃかいせいど
social institution
広義には,人間がさまざまな個人的欲求,必要を充足させるために組織する社会機構およびそこから生じる社会的規範の全体をいう。支配従属協同分業などの社会形式をはじめとして,宗教道徳律,言語,芸術などの文化内容や,これらに関連する人間や事物の一切をも含めて考えられる。より狭義には,確立された社会規範である規則,法律をいう。社会制度は,各集団のもつ,それぞれの関心に相応して形成される。たとえば,家族における結婚の形式や生活様式や相続の形式,あるいはまた,教会における信仰個条や礼拝形式,国家における政治形態や法律や統治形式などがその例である。こうした社会制度は,一般にはすべて慣習を基礎として形成される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃかい‐せいど〔シヤクワイ‐〕【社会制度】
社会組織のうちで、特に法や慣習によって確立したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃかいせいど【社会制度】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃかいせいど【社会制度】
その社会を形成し維持しているしくみ。また、その社会で支持される行為様式が法・習慣として定型化されたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃかい‐せいど シャクヮイ‥【社会制度】
〘名〙 慣習や法によって固定化され、個々の成員の意思から独立して集団の態度や行動を規制する一連の固定的な行動様式。
※賭博本能論(1914)〈大杉栄〉「個性の発達をまったく無視し、かつあらゆる手段をもってそれを抑圧する今日の社会制度の下にあっては」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社会制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.