Rakuten infoseek

辞書

社中【シャチュウ】

デジタル大辞泉

しゃ‐ちゅう【社中】
会社の建物のなか。また、会社の内部。社内。
組合・結社などの仲間。
邦楽などで、同門仲間

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゃちゅう【社中】
会社の中。
詩歌・邦楽などで同門の仲間。また、同じ結社の仲間。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃ‐ちゅう【社中】
〘名〙
① 神社の境内。社(やしろ)の内。
※筑紫道記(1480)「これも社中神さびて、木深き松の響き身に染み、言ふ由なし」
詩歌、邦楽などの同門。連中。
※玉塵抄(1563)二八「応仁乱前社中衆なり慈照相信重あり」
※随筆・孔雀楼筆記(1768)二「予が仲氏は門人にてはなけれども、出席せらる。〈略〉『社中言合せ必ず参詣し玉へ』」 〔呉師道‐李龍眠蓮社図詩〕
組合結社などの仲間。
※本福寺跡書(1560頃)「堅田にも浦々より河役をとりて、社中に食ごとあり」
④ 会社の内。社内
※朝野新聞‐明治七年(1874)一二月二〇日「商社社中の者かい取候趣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社中の関連情報

他サービスで検索

「社中」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.