Rakuten infoseek

辞書

礼服【らいふく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

礼服
らいふく
古代日本で男女が宮中儀式に用いた装束身分としては五位以上の官吏が用いた。その起源は大宝衣服令によって規定されていたが,もともとは中国の制模倣によるものである。天皇皇太子をはじめ臣下では位階によって衣服も服色を異にし,女子,武官の場合も同様であった。平安時代から礼服は即位式のみのものとなり,19世紀の孝明天皇時世まで用いられ,のち廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

礼服
れいふく
冠婚葬祭の儀式典礼の際に用いる服装。これを身に着けることを礼装という。儀式の軽重,公私の別,着用者の身分や階級により多くの種類があるが,もともと人為的な儀式に伴うもので,他の衣服に比べて作為的なものが多く,一定の型をもつのが普通である。 (→晴れ着 , 喪服 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らい‐ふく【礼服】
即位礼・大嘗会(だいじょうえ)元日の節会(せちえ)などの大儀に着用した礼装。大宝の衣服令により、の制に倣い制定。皇太子・皇族、五位以上の諸臣・内命婦(ないみょうぶ)が着用し、位階により区別があった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れい‐ふく【礼服】
冠婚葬祭その他、儀式のときに着る衣服。⇔平服

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らいふく【礼服】
古代の大宝衣服令で初めて制定された衣服の体系だが,冠位十二階以来の位冠や,衣服形態の系統を引く。衣服令の規定には,礼服,朝服制服の,三つの体系がある。うち礼服は,大祀,大嘗(だいじよう),元日などの重要な国家的儀式行事の際に,五位以上の者が着用すべき衣服として規定された。養老衣服令では皇太子,親王内親王,諸王,女王および文官,武官,内外命婦(みようぶ)について規定がある。令には天皇の衣服規定そのものは存しないが,臣下が礼服を着用する儀式の際には,天皇は冕服(べんぷく)と称する,上衣下形式の衣服を着用して儀式に臨んだらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

らいふく【礼服】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らいふく【礼服】
大宝令の衣服令により、隋・唐の制に模して朝服・制服とともに制定された公式な服装。皇太子・皇族、五位以上の諸臣・内命婦ないみようぶが、臨時の大祀・大嘗会・元日節会・即位などの儀式の際に着用した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れいふく【礼服】
冠婚葬祭など、儀式に着用する衣服。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らい‐ふく【礼服】
〘名〙 即位、朝賀などの大礼に参列の諸官が着用する服装。その具には玉冠、大袖、小袖、単、表袴、大口袴、裳(も)、綬(じゅ)、玉佩(ぎょくはい)、笏(しゃく)、錦下沓(にしきしとうず)、烏皮(くりかわのくつ)などがある。天皇をはじめ五位以上の男女官人の着用したもの。
※続日本紀‐大宝二年(702)正月己巳「親王及大納言已上始著礼服

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れい‐ふく【礼服】
〘名〙 儀式の時に着用する特別な衣服。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)五「周公の礼服は結構なれども猨狙はみごととも思はず」 〔戦国策‐趙策・武霊王〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

礼服
らいふく
令(衣服令)で定められた,五位以上の男女文武官が,大儀(即位・大嘗祭 (だいじようさい) ・元日など)のときに着用する式服
中国王朝の朝服を継承。文官は,冠・衣・笏 (しやく) ・袴 (はかま) ・帯・褶 (ひらみ) (裳の一種)・襪 (しとうず) (足袋の一種)・舄 (せきのくつ) で,衣の色や綬 (じゆ) などで位階の上下を区別した。武官は冠に緌 (おいかけ) をつけ,衣のかわりに位襖 (いおう) (襖はすそのない衣)で金銀装の横刀をつけるなどした。平安時代以後も,江戸末期の孝明天皇のときまで即位の際に使用された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

礼服
れいふく

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

礼服」の用語解説はコトバンクが提供しています。

礼服の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.