Rakuten infoseek

辞書

示/次/自/侍【シ】

デジタル大辞泉

し【示/次/自/侍】[漢字項目]
〈示〉⇒
〈次〉⇒
〈自〉⇒
〈侍〉⇒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ【示】[漢字項目]
[音](呉) (漢) [訓]しめす
学習漢字]5年
〈ジ〉しめす。「示威示談暗示訓示掲示誇示公示告示指示呈示提示展示内示表示明示
〈シ〉しめす。「示教示唆図示黙示
[名のり]しめ・とき・み

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しめし【示】
〘名〙 (動詞「しめす(示)」の連用形の名詞化)
① わかるようにはっきりと見せること。
② さとし教えること。手本を示して会得(えとく)させること。教え。教訓。
※文明本節用集(室町中)「受示 シメシヲウケル」
咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「我等久しくめしつかはれ、この年になり候へども、つゐに御しめしをも受けず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しめ・す【示】
〘他サ五(四)〙
① 物を実際に出して見せる。あらわす。
※書紀(720)欽明二年七月(寛文版訓)「任那と新羅と策を席(しきひ)の際に運(はこ)むて、蜂蛇(はちをろち)の恠(しるまし)を現(シメス)
※大鏡(12C前)三「かやうにもゆめなどしめいたまはずとも、この人の御往生、うたがひ申べきならず」
② 感情、意志などを外に表わして見せる。はっきりと知らせる。
※万葉(8C後)四・七二五「にほ鳥の潜(かづ)く池水心あらば君に吾が恋ふる心示左(しめサ)ね」
※太平記(14C後)三一「舟を沈め糧を捨て、二度び帰らじと云心を示(シメ)すは、良将の謀なり」
③ さして教える。指示する。また、夢などで告げる。
※万葉(8C後)三・二七九「吾妹子に猪名野は見せつ名山角の松原いつか示(しめさ)む」
※源氏(1001‐14頃)明石「雨風やまばこの浦に寄せよと、かねてしめすことのりしかば」
④ 教えさとす。訓戒する。
※古今著聞集(1254)一二「『我国第一の能説をきかん事を悦おもふに、いかにかくさまたげはするぞ』としめしたまひければ」
※浮世草子・好色一代男(1682)六「宿の男などとの事は末に名の立をひそかにしめし、やり手がよく計(はかり)の算用もきかず」
⑤ みせしめにする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

示/次/自/侍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

示/次/自/侍の関連情報

他サービスで検索

「示/次/自/侍」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.