Rakuten infoseek

辞書

磐城平藩【いわきたいらはん】

藩名・旧国名がわかる事典

いわきたいらはん【磐城平藩】
江戸時代陸奥(むつ)国磐前(いわさき)郡磐城平(現、福島県いわき市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は施政堂(しせいどう)。関ヶ原の戦い後、それまでの岩城(いわき)氏が改易(かいえき)され、1602年(慶長(けいちょう)7)、徳川家康(とくがわいえやす)の側近だった鳥居忠政とりい ただまさが10万石で入封(にゅうほう)、城の築造、城下町の整備、新田開発などを進めた。22年(元和(げんな)8)、忠政が出羽(でわ)国山形藩へ転封(てんぽう)(国替(くにがえ))、上総(かずさ)国佐貫(さぬき)藩から内藤政長(まさなが)が7万石で入封、2代忠興(ただおき)が38年(寛永(かんえい)15)に総検地を行い、農政の改革に取り組んだ。しかし当初から財政難が続き、1738年(元文(げんぶん)3)には年貢減免などを要求して全藩一揆が発生した。それが原因で、47年(延享(えんきょう)4)に内藤氏は日向(ひゅうが)国延岡(のべおか)藩に転封となり、代わって常陸(ひたち)国笠間(かさま)藩主の井上正経(まさつね)が6万石で、56年(宝暦6)には井上氏の転封で、美濃(みの)国加納(かのう)藩主の安藤信成(のぶなり)が5万石で入封、以後は明治維新まで安藤氏7代が続いた。5代藩主安藤信正(のぶまさ)は1860年(万延(まんえん)1)に幕府老中(ろうじゅう)に昇進、公武合体を推進したが、62年(文久2)に尊王攘夷派の水戸浪士の襲撃を受け負傷、老中を罷免され2万石を減封された。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越(おううえつ)列藩同盟に参加した。71年(明治4)の廃藩置県により磐城県が成立、その後、平(たいら)県、磐前(いわさき)県を経て、76年福島県に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわきたいらはん【磐城平藩】
陸奥国磐前郡磐城平に藩庁を置いた譜代中小藩。1602年(慶長7)岩城氏の改易後,奥州太平洋岸(浜通り)南端の押えとして鳥居忠政が10万石で入封し,築城,城下町建設,08年の領内総検地,新田開発の奨励など藩体制確立に努めた。22年(元和8)内藤政長が7万石で入封し,内藤氏は6代124年に及んだ。38年(寛永15)総検地(寅の縄)を実施して確立しつつあった近世村落の状況を掌握し,夏井川上流から小川江を開削するなど農政,沿岸漁業,馬産に力を入れ,小名浜湊を窓口に江戸,大坂などとの取引を盛んにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

磐城平藩
いわきたいらはん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磐城平藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磐城平藩の関連情報

他サービスで検索

「磐城平藩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.