Rakuten infoseek

辞書

磁器【じき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

磁器
じき
porcelain; china
1200℃以上の高温で焼かれた硬質で吸水性のない焼物。素地は白色で,透明または半透明の釉 (うわぐすり) がかけられる。中国では唐末,五代に始り,朝鮮では李朝初期から,日本では江戸時代初期に,有田で帰化朝鮮陶工李三平によって始められたといわれる。なお,日本では有田,瀬戸,多治見,清水,九谷などがその主産地。西洋では一般に磁器を軟質磁器硬質磁器に分け,初期のセーブル磁器のように磁土カオリンを含まない焼成度の低いものを軟質磁器と呼んでいる。硬質磁器 (真正磁器) は 1708年ドイツのベットガードレスデンで磁土を発見,磁器の焼成に成功した。次いでウィーン,ベネチア,ドイツのヘフスト,ニンフェンブルク,フランスのサンクルー,シャンティイーセーブルなどでもその焼成に成功し,その後 18世紀中頃にはヨーロッパ各地で制作されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐き【磁器】
素地(きじ)のガラス質が磁化して半透明となり、吸水性のない硬質の焼き物。陶器より高火度で焼かれ、たたくと金属的な音がする。中国で創製され、日本では江戸初期の有田焼に始まる。→陶磁器

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

磁器
 土ではなく、石のを原料にして形を作り、釉薬[ゆうやく]をかけて焼いた器です。表面・内部ともにガラス化しています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じき【磁器】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じき【磁器】
焼き物の一。陶器より高温で焼成。素地きじはガラス化し、透明または半透明の白色で硬く、吸水性がない。軽く打つと澄んだ音がする。中国宋代末から発達し、日本では江戸初期に有田で焼き始められた。 → 陶器

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

じき【磁器】
土や粉末状の鉱物を練って成形し、素焼きした後、釉薬を施してさらに焼いて作るもののうち、比較的高温で焼くもの。特に食器や花器などのうつわ類。ガラス質で吸水性がなく、透明度の高い白色で、たたくと金属的な清音を発する。原料の配合や焼成温度などにより軟質磁器硬質磁器に分類される。日本では、有田焼・九谷焼、欧米圏ではマイセンなどが代表的。⇒陶器

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

磁器
じき
porcelain
完全に熔化(ようか)し、硬く、(施釉(せゆう)前でも)不透過性、白色または人工的に着色され、(かなりの肉厚でない限り)透光性であり、たたくと清音を発するビトレアス・セラミック・ホワイトウェアvitreous ceramic whitewareをいう。食卓用器や美術品など工業的な用途をもたない場合にはチャイナchinaという。
 磁器にはいろいろな種類があるが、もっとも重要で多量に生産されているものは硬磁器hard porcelain(SK13~16焼成)と軟磁器soft porcelain(SK8~12焼成)であり、これらはイギリスやヨーロッパでいうファイン・セラミックスfine ceramicsの代表的なものである。磁器の構成成分は、成形に必要なカオリン、熔化をつかさどる長石、骨骸(こつがい)となる石英からなるが、これらのうちの一部を別の成分で置換すると新しい性質の磁器が得られ、このときに使用した成分がたとえばジルコンであるとジルコン磁器という名称を用いる。[素木洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐き【磁器】
〘名〙
① 一般に素地のガラス質が磁化して半透明となり吸水性がほとんどなく、たたくと金属的な音を発する焼き物をいう。陶土・石英・長石などの素地を素焼きにし、釉(うわぐすり)をかけ、摂氏一一〇〇~一五〇〇度の高温で焼いたもの。有田焼、九谷焼、瀬戸焼などが特に名高い。〔原中最秘鈔(1364)〕
② =じしゃく(磁石)(一)②③
※都新聞‐明治四〇年(1907)七月三〇日「第三回は廿五年に大学生を伴れて、磁器の試験かたがた登山しましたが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

磁器
ジキ
porcelain

陶磁器のうち,素地の吸水率の小さい(0~0.5%)もの.普通,磁器には硬質磁器と軟質磁器とがあるが,特種磁器にはアルミナ磁器やチタン磁器など,ケイ酸だけでなく種々の成分からなるものがある.吸水性がごくわずかあるものを半磁器ということもある.食器類,るつぼのような化学用容器,電気絶縁材料などに用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磁器の関連情報

関連キーワード

インド哲学デンマーク文学度量衡明治大学オフィシャルグッズ(文房具)立教大学ラッシャーズグッズ関西学院大学グッズWikiLeaksUXGAWUXGA家庭内暴力

他サービスで検索

「磁器」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.