Rakuten infoseek

辞書

【カク】

デジタル大辞泉

かく【確】
[ト・タル][文][形動タリ]たしかでまちがいのないさま。また、はっきりしているさま。「としたことはわからない」「たる証拠をつかむ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく【確】[漢字項目]
[音]カク(呉)(漢) [訓]たしか たしかめる
学習漢字]5年
はっきりしていて間違いがない。たしか。「確実確証確認確報確約正確的確明確
かたく決めて動かないさま。「確固確執確信確定確保確立
「確実」の略。「当確
[名のり]あきら・かた・かたし・たい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かく【確】
( トタル ) [文] 形動タリ 
たしかであるさま。はっきりしているさま。 「 -たる証拠がない」 「 -とした方針がたたない」 「 -たる信念をもつ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく【確】
[1] 〘形動タリ〙 たしかなさま。はっきりしているさま。
申楽談儀(1430)序「『神は宜禰(きね)がならはし』など、かくと言ひし也」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「確たる事は其期に及むで見ねば分からぬが」
[2] 〘名〙 正確なこと。確実なこと。
※歴史のかたちについて(1954)〈埴谷雄高〉「あらゆる記録は、たとえそこに精と粗、確と不確があったにせよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たしか・む【確】
〘他マ下二〙 ⇒たしかめる(確)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たしかめ【確】
〘名〙 (動詞「たしかめる(確)」の連用形の名詞化) たしかめること。確認。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉三「敬二は今其当人の口から確(タシカ)めの言を聞いたのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たしか・める【確】
〘他マ下一〙 たしか・む 〘他マ下二〙 あいまいな事を、調べたり尋ねたりしてはっきりさせる。まちがっていないかどうか念をおして見とどける。
※郊外(1900)〈国木田独歩〉二「鬼か蛇か若くは一目小僧か大入道か其を確(タシカメ)て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

確の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.