Rakuten infoseek

辞書

確定拠出年金(日本版401k)【カクテイキョシュツネンキン(ニホンバンヨンマルイチケー)】

人事労務用語辞典

確定拠出年金(日本版401k)
個人が自分で株式や債券などで拠出金(掛け金)を運用、成果を年金として受け取る年金制度です。少子高齢化の進展や生活の多様化など、社会経済情勢の変化を背景に、2001年10月から導入されました。米国の401kプランという企業年金をモデルとしてつくられたものです。
(2004/10/15掲載)

出典:『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

確定拠出年金(日本版401k)
社員個人の判断で株式や債券などの投資商品を選択し、運用の成果を退職金や年金として受け取れる制度。国内では01年10月に導入された。運用期間中、収益に課税されないなど、税制面での利点がある。転職先に制度があれば「持ち運び」も可能だが、原則60歳まで引き出すことはできない。会社が掛け金を負担する企業型のほか、自営業者などが自分で掛け金を出す個人型もある。
(2008-10-23 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

確定拠出年金(日本版401k)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

確定拠出年金(日本版401k)の関連情報

他サービスで検索

「確定拠出年金(日本版401k)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.