Rakuten infoseek

辞書

確保【カクホ】

デジタル大辞泉

かく‐ほ【確保】
[名](スル)
確実に手に入れること。失わないように、しっかりと保つこと。「人員を確保する」
登山者がロープを使って自分や仲間の転落や滑落を防止すること。ビレージッヘル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくほ【確保】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくほ【確保】
( 名 ) スル
確実に手に入れること。自分のものとしてしっかり保つこと。 「必要な資材を-する」 「利益を-する」
しっかり支えること。登山で、ザイルなどを用いて、身体の安全を保つこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐ほ【確保】
〘名〙
① 手に入れて、それをしっかり保ち、決して手離さないこと。
※韓国併合の詔書‐明治四三年(1910)八月二九日「以て禍源を杜絶し、平和を確保せむことを期せり」
② 登山で、ザイルなどを用いて自分や仲間の身体の安全を保つこと。
※登山技術(1939)〈高須茂〉岩登り「肩確保のやうな水平のジッヘルに向かない確保は避けるに越したことはない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

確保」の用語解説はコトバンクが提供しています。

確保の関連情報

他サービスで検索

「確保」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.