Rakuten infoseek

辞書

碧眼【ヘキガン】

デジタル大辞泉

へき‐がん【×碧眼】
青い目。特に、欧米人の目。また、欧米人。西洋人。「紅毛碧眼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へきがん【碧眼】
青い目。西洋人の目。
西洋人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へき‐がん【碧眼】
[1] 〘名〙
① 青緑色のまなこ。青い目。
※二日物語(1892‐1901)〈幸田露伴〉此一日「黄身の匹夫、(ヘキガン)の胡児、烏滸(をこ)の者ども朕を如何にか為し得べき」 〔蘇軾‐仏日山栄長老方丈詩〕
② 欧米人の青い目。転じて、欧米人。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一六「彼の碧紅髥の人種は波濤の如く我邦に侵入し」
[2] 達磨(だるま)大師の異称。目が青色であったところからいう。「碧眼胡僧」ともいう。
正法眼蔵(1231‐53)徧参「いはゆる碧眼の眼睛裏に跳入する」 〔碧巖録‐四二則・評唱〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

碧眼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

碧眼の関連情報

他サービスで検索

「碧眼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.