Rakuten infoseek

辞書

硫酸化【りゅうさんか】

世界大百科事典 第2版

りゅうさんか【硫酸化】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

硫酸化
りゅうさんか
sulfation
(1)ひまし油、トール油、オリーブ油などの不飽和油に濃硫酸を作用させ、ついでアルカリで中和して水に可溶性の油状物質をつくる反応をいう。このときに得られる油状物質を硫酸化油ロート油)といい、水によく溶け、表面活性に優れ、繊維工業、染色工業、皮革工業、農業、金属工業などの陰イオン表面活性剤として使われる。
(2)鉛蓄電池の極板の表面が白色の硫酸鉛で覆われることをこのようによぶこともある。これは、放電しすぎたり、放電後長時間放置したりするとき、電解液中の硫酸鉛が極板に析出するためにおこるのであって、電池の能力が低下し、さらに進むと使用できなくなる。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硫酸化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.