Rakuten infoseek

辞書

硝酸アンモニウム【しょうさんアンモニウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硝酸アンモニウム
しょうさんアンモニウム
ammonium nitrate
化学式 NH4NO3 。工業的に硝安と呼ばれる。無色結晶。吸湿性があり,融点 169.5℃,約 220℃で分解し,主として水と一酸化二窒素 N2O になる。水に易溶,アルコールに可溶水溶液は微酸性を呈する。寒剤爆薬肥料に用いられ,一酸化二窒素,マッチの製造原料となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうさん‐アンモニウム〔セウサン‐〕【硝酸アンモニウム】
硝酸アンモニアで中和して得られる化合物潮解性のある白色結晶窒素肥料・爆薬・寒剤などに利用。化学式NH4NO3 硝安。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうさんアンモニウム【硝酸アンモニウム ammonium nitrate】
化学式NH4NO3。工業部門では通常,硝安と呼ばれる。また窒素肥料としての正式名称は硝酸アンモニアである。
[性質]
 無色の結晶。固体には低温型から順に,正方(α),斜方(β),斜方(γ),正方(δ),立方晶系(ε)の5種類の変態が知られ,各変態間の転移温度は,-18℃(α→β),32.1℃(β→γ),84.2℃(γ→δ),125.2℃(δ→ε)である。温度の変化に応じて結晶系,密度体積が種々に変化するため,大量の結晶を長期間保存する際,固化により団塊にかたまりやすい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうさんアンモニウム【硝酸アンモニウム】
硝酸とアンモニアとを化合させてつくる、無色または白色の針状結晶。化学式 NH4NO3 肥料・寒剤・爆薬などとして用いる。硝安。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

硝酸アンモニウム
しょうさんあんもにうむ
ammonium nitrate
硝酸のアンモニウム塩。工業部門では俗に硝安とよばれる。50~70重量%の硝酸をガス状アンモニアで中和することによって大規模に生産されている。無色の結晶で、常圧において5変態をとるが、常温では斜方晶系のβ(ベータ)形がもっとも安定である。きわめて吸湿性に富み、水によく溶け、またエタノール(エチルアルコール)にも溶ける。通常空気中では安定であるが、可燃性物質が混入したり、密閉容器中で加熱、衝撃、摩擦などを受けると爆発することがある。開放状態で加熱すると、その温度により分解反応をおこす。密閉状態で加熱すると、容易に次の爆発反応に移行する。
  4NH4NO3―→2NO2+8H2O+3N2
 肥料、火薬や爆薬の原料などの用途があるが、寒剤、酵母培養の養分としても用いられる。[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうさん‐アンモニウム セウサン‥【硝酸アンモニウム】
〘名〙 (アンモニウムはammonium) 硝酸塩の一つ。化学式 NH4NO3 白色の結晶。正方(α)・斜方(β)・斜方(γ)・正方(δ)・等軸(ε)の各晶系からなる五つの変態がある。肥料、爆薬、寒剤、酸化二窒素などの原料として用いられる。硝安。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

硝酸アンモニウム
ショウサンアンモニウム
ammonium nitrate

NH4NO3(80.04).硝酸をアンモニアで中和すると得られる.白色の結晶.融点169.6 ℃.密度1.73 g cm-3(25 ℃).水に易溶,メタノール,エタノールに可溶.融点以上で徐々にアンモニアと一酸化二窒素に分解する.爆発反応では,窒素,酸素,水に分解する.硝安の名前で肥料とするほか,衝撃に安定な爆薬,寒剤,麻酔用の一酸化二窒素の製造などに用いられる.[CAS 6484-52-2]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硝酸アンモニウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硝酸アンモニウムの関連情報

関連キーワード

酸化窒素一酸化二窒素アンモニウム塩硝安亜鉛一酸化二窒素

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.