Rakuten infoseek

辞書

破廉恥【ハレンチ】

デジタル大辞泉

は‐れんち【破廉恥】
[名・形動]恥を恥とも思わず平気でいること。また、そのさま。恥知らず。「破廉恥な人」「破廉恥な振る舞い」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はれんち【破廉恥】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
人として恥ずべきことを平気ですること。人倫・道義に反すること。また、そのさま。恥知らず。 「 -な人間」 「 -極まりないふるまい」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

は‐れんち【破廉恥】
〘名〙 (形動) (廉恥の心をる意) 恥を恥とも思わないこと。恥ずかしいことを平気ですること。人倫、道徳などに反する行為をすること。また、そのさま。恥しらず。
※太政官達第一二〇号‐明治七年(1874)九月一〇日「独逸国領事勤方ファバー氏に邂逅し忽抜刀追逐して兇殺せし段甚以不届之儀に付破恥甚を以て〈略〉斬罪申付候事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破廉恥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

破廉恥の関連情報

他サービスで検索

「破廉恥」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.