Rakuten infoseek

辞書

砲弾【ほうだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

砲弾
ほうだん
(cannon) shell
口径 20mm以上の火砲から火薬 (→装薬 ) によって発射し,対象物の殺傷,破壊に用いられる弾丸。弾体,炸薬信管,雷管から成り,徹甲弾 (戦車装甲砲台ベトン貫徹,破壊する目的のもの) ,榴弾 (構造物などの破壊用) ,散弾,榴散弾 (人馬の殺傷用) ,特殊弾 (焼夷弾照明弾) など各種ある。火薬は無煙火薬を用いるが,弾丸と一緒になっているか別になっているかによって固定式,半固定式,分離式に区別される。艦砲の砲弾は,徹甲弾,通常弾,対空弾,照明弾などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐だん〔ハウ‐〕【砲弾】
火砲用の弾丸。基本的に弾体・炸薬・信管・弾帯からなり、目的により榴弾・徹甲弾・照明弾・焼夷弾・ガス弾などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうだん【砲弾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうだん【砲弾】
砲身から発射する弾丸。榴弾・徹甲弾・照明弾などがある。大砲のたま。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐だん ハウ‥【砲弾】
〘名〙 火砲用の弾丸。大砲のたま。〔日誌字解(1869)〕
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉一二「あの空中にぱっと散る敵の砲弾…」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

砲弾
ほうだん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砲弾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砲弾の関連情報

関連キーワード

バルカン砲シリアゲムシ(挙尾虫)弾薬銀河紫電雨の強さインビンシブル級航空母艦アカスジチュウレンジアミ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.