Rakuten infoseek

辞書

砧青磁【きぬたせいじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

砧青磁
きぬたせいじ
中国浙江省地方で南宋代に盛大に焼かれた,品質の高い青磁の日本特有の名称。名称の起源は千利休の所持していた「砧」という名の青磁花いけが著名であったためとも,また毘沙門堂旧蔵の『鳳凰耳砧青磁花生』と同類のものを総称したともいうが明確ではない。竜泉窯製のものが多く,南宋官窯製も含まれているという説がある。無文のものが多く,双魚文,牡丹唐草文などを型抜きで張付けたものがある。日本,東南アジアヨーロッパに輸出され,すぐれた遺品が多数伝存する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きぬた‐せいじ【×砧青磁】
中国、南宋時代に竜泉窯(りゅうせんよう)で焼かれた青磁。日本における呼称で、青磁の最上品とされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きぬたせいじ【砧青磁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きぬたせいじ【砧青磁】
中国、竜泉窯で焼かれた青磁の一種。日本の茶人の命名。青磁の中で最上とされる。花入れ・茶碗などが現存。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

砧青磁
きぬたせいじ
中国、浙江(せっこう/チョーチヤン)省の竜泉窯で焼造された青磁の一種。浙江省の南部山岳地帯に位置する竜泉窯は北宋(ほくそう)時代に浙江省北部の越州窯の一窯として開かれたが、南宋時代になると越州窯系青磁にあわせて砧青磁を焼造し始めた。青く澄みきった粉青色の青磁釉(ゆう)が厚くかかった絶妙な砧青磁は、南宋時代に浙江省の杭州(こうしゅう/ハンチョウ)市に築かれた南宋官窯の青磁の強い影響を受けて創始されたと考えられる。現在の考古資料を集合すると、13世紀初頭の遺跡から出土し始めるところから、12世紀末には砧青磁の焼製が始まっていたと思われる。南宋官窯に従って、器形には中国古代の銅器・五器が投影し、とくに文人や官僚など文化人の愛玩(あいがん)具となった。砧青磁の最盛期はむしろ元(げん)時代であり、明(みん)前期の15世紀にも焼き継がれた。砧青磁の呼称は日本の茶人の命名であり、典型作の砧形花生(はないけ)や、紀州徳川家伝来の砧形花生に由来するという説があるが、さだかではない。[矢部良明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砧青磁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砧青磁の関連情報

他サービスで検索

「砧青磁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.