Rakuten infoseek

辞書

砥部焼【とべやき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

砥部焼
とべやき
愛媛伊予郡砥部町を中心としてその近隣で焼かれる陶磁器大洲 (おおず) 藩主加藤泰侯が家臣加藤三郎兵衛に命じて,陶工杉野丈助に安永4 (1775) 年窯させたのを創とする説,麻生村の門田金治が同年に杉野丈助に築窯させたのを始りとする説,元文年間 (36~41) 以前にすでに陶器が焼かれていたとする説などがある。しかし,安永6年に初めて磁器焼成に成功したという点では一致している。文化文政期が最盛期で,近くの川登の川底や,高野川などからとれる良質の磁石や釉石を原料とした。江戸時代には主として染付の日用雑器,明治初年からは上質の白磁が焼かれるようになった。現在では三十数窯の窯元があり,茶陶,食器,花器タイルにいたるまで各種の陶磁器を生産している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とべ‐やき【×部焼】
愛媛県伊予郡砥部町およびその付近から産する磁器。18世紀前半の開窯。初め日用陶器を焼いていたが、その後、改良を重ね、白磁染め付け色絵などを焼成。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とべやき【砥部焼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とべやき【砥部焼】
愛媛県松山市の郊外で産する磁器。1775年、大洲藩主加藤侯が家臣加藤三郎兵衛に諮り、有田から陶工を招いて砥部村字五本松で開窯。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

砥部焼
とべやき
愛媛県の代表的な陶磁器窯で、日用雑器を産する。窯は同県伊予郡砥部町にあるが、その開窯は江戸中期(18世紀前期)と推定される。初め砥部郷大南(おおみなみ)村と北川毛(きたかわげ)村(現伊予郡砥部町)で陶器を焼造していたが、江戸後期の1775年(安永4)に大洲(おおず)藩主加藤泰候(やすとき)の指示により磁器窯へと転じたのち、磁石(じせき)を今日の伊予市三秋に発見、九州の平戸(ひらど)や博多(はかた)の陶工が製作に加わり、1818年(文政1)には川登石(かわのぼりいし)を発見して良質の白磁がつくられるようになった。製品は初め染付(そめつけ)が中心であったが、江戸後期には赤絵も焼かれた。また砥部焼の素地(きじ)の上に中国の粉彩(日本では十錦(じっきん/じゅっきん)という)に倣って絵の具を上絵付する十錦手(で)が、天保(てんぽう)(1830~44)のころに郡中(現伊予市)の小谷屋坤斎(おたにやこんさい)によって開発されたことは特筆される。[矢部良明]
『立原正秋・林屋晴三監修『探訪日本の陶芸6 砥部他』(1980・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

砥部焼[陶磁]
とべやき
四国地方、愛媛県の地域ブランド。
伊予郡砥部町・伊予郡松前町・松山市で製作されている。江戸時代の1777(安永6)年、杉野丈助が白磁器の製造を成功させたことに始まる。藩政期から戦前にかけて地場産業として発展した。清楚な白磁の肌に溶け込んだ呉須絵のが特徴的。愛媛県伝統的特産品。1976(昭和51)年12月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とべ‐やき【砥部焼】
〘名〙 愛媛県伊予郡砥部町を中心とした一帯でつくり出される磁器。江戸後期に始まる。〔愛媛面影(1867)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砥部焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砥部焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.