Rakuten infoseek

辞書

砂防ダム【サボウダム】

デジタル大辞泉

さぼう‐ダム〔サバウ‐〕【砂防ダム】
山地や渓流からの土砂の流出を防ぐために、山間部や渓流に設けるダム土石流などによる土砂災害の防止を目的として設置する。→治山ダム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さぼうだむ【砂防ダム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さぼうダム【砂防ダム】
山地・渓流から下流の河川への土砂・岩石の急激な流下を防止するために設けるダム。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

砂防ダム
さぼうだむ
debris dam
山地からの流出土砂を貯めるためのダム。砂防ダムは土砂災害防止のために、渓流や河川に築造され、流出土砂を貯留し、下流への土砂流出を調節する。砂防ダムに土砂が堆積(たいせき)して河床が上昇すると、山脚が固定され、山腹崩壊が防止され、土砂生産が抑制される。また、土砂の堆積により河床勾配が緩くなり、河床浸食による土砂生産が抑制される。土石流を抑止、減勢する機能もある。砂防ダムは普通はコンクリートでつくられ、洪水を流下させるために水通しを設け、堆砂後の浸透水を排水するために堤体に水抜きを設ける。砂防ダムには、岩石やコンクリートブロックを積んだものや、洪水時の巨石を貯留するために鋼製枠でつくられる透過型砂防ダムなどもある。川 登]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さぼう‐ダム サバウ‥【砂防ダム】
〘名〙 (ダムはdam) 河川が運ぶ砂や泥を沈積させるために設けられるダム。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂防ダム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

砂防ダムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.