Rakuten infoseek

辞書

【いし】

デジタル大辞泉

いし【石】
岩石の小片。岩よりも小さく、砂よりも大きなもの。
広く、岩石・鉱石のこと。「の置物」「の橋」
土木工事や建築などに使う石材。「山からを切り出す」
宝石や、時計の部品に用いる鉱石、ライターの発火合金などの俗な言い方。
碁石。「を打つ」
胆石結石
硯(すずり)石
墓石
じゃんけんで、握りこぶしで示す形。ぐう。→じゃんけん
10 紋所の名。四つ石、丸に一つ石、石畳車(いしだたみぐるま)などがある。
11 かたい、冷たい、無情なもののたとえ。「のように黙りこむ」「のように動かない」
12 劣ったもののたとえ。「数が多ければ玉もあるしもある」
13 石だたみ敷石
「ひとりなるわが身の影をあゆまする―のうえ」〈達治・甃のうへ〉
14 石御器(いしごき)のこと。茶碗。
「此の―できゅっとやらんせ」〈浄・妹背山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく【石/×斛】
尺貫法で、体積単位。主に穀物を量るのに用いる。1石は10で、180.39リットル。魁(さか)。
和船積載量の単位。1石は10立方
木材の容積量の単位。1石は10立方尺で、約0.278立方メートル。
大名武家知行高を表す語。玄米で量り、1石の内容は1に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく【石】[漢字項目]
せき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく【石/赤/昔/迹/惜/責】[漢字項目]
〈石〉⇒せき
〈赤〉⇒せき
〈昔〉⇒せき
〈迹〉⇒せき
〈惜〉⇒せき
〈責〉⇒せき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【石】
[接尾]助数詞。
腕時計などの軸受けにする宝石を数えるのに用いる。「二七の時計」
電気製品でトランジスターダイオードなどを数えるのに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【石】[漢字項目]
[音]セキ(漢) シャク(慣) コク(慣) [訓]いし いわ
学習漢字]1年
〈セキ〉
いし。「石器石材石炭石碑隕石(いんせき)化石岩石巨石結石鉱石泉石礎石投石宝石落石
医療用の石針。「薬石
碁石(ごいし)。「定石(じょうせき)布石
堅固なもの、無価値なものなどのたとえ。「玉石鉄石木石
石見(いわみ)国。「石州
〈シャク〉いし。「温石(おんじゃく)磁石磐石(ばんじゃく)
〈コク〉体積・容積などの単位。「石高千石船
〈いし〉「石頭石工(いしく)石畳軽石庭石
[名のり]あつ・いそ・かた・し
[難読]石蓴(あおさ)明石(あかし)石投(いしなぎ)石首魚(いしもち)石女(うまずめ)重石(おもし)石榴(ざくろ)流石(さすが)石楠花(しゃくなげ)石蕗(つわぶき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

いし

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩石学辞典

石という語は様々な意味に使用される.日本では,(1) 岩よりも小さく,砂よりも大きい鉱物質の塊.(2) 岩石,鉱石の俗,石材の意味.(3) 宝石または特定の鉱物加工品.(4) その他に,胆石,結石,じゃんけんの握り拳,固いもの,無情なもの,融通の利かないものなどの比喩的表現,など多くの意味で用いられている[新村編 : 1993].外国語の中で英語の例をあげると,stoneは(1) 岩石(rock)を構成する物質としての石,石材.(2) 石,小石,石ころで,boulder, cobblestone, pebble, gravelの順に小さくなる.(3) 宝石.(4) ストーンは,様々な値の重量単位でstと書き,14ポンド(6.35kg)に相当する英国の単位で,特に体重について用いる.(5) その他に,大きさ,形,硬さが石に似ているもので,雹(ひょう)や霰(あられ)(heilstone)など.ナツメヤシの果実など石のように堅くて小さな種.核.サクランボや桃などの核果の堅い内果皮.(8) 結石.(9) 墓石,墓碑,記念碑,里程標,境界標石,などをいう[ランダムハウス : 1994].また英国でstoneという語は鉱山業および石材業では,特に述べない限り砂岩に用いる[Arkell & Tomkeieff : 1953].日本語の意味と,英語の意味とは大体似ているが,かなり異なる意味に用いられていることもある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いし【石】
人類と石との関係はきわめて長くまた密接である。さまざまな形で石を利用することは,人類の歴史の最初の段階から現代まで,絶えることなく続いているが,ここでは,石に対して人類が抱いてきた観念を中心に記述する。なお,地質学的な解説は〈岩石〉〈鉱物〉のを,石の利用については〈石器〉〈石材〉〈石造建築〉の項を,さらにその他〈石仏〉〈石工(いしく)〉〈巨石記念物〉〈宝石〉の項も参照されたい。
信仰民俗
 木と紙とでできた家に住み,石や煉瓦道路をおおうことのなかった日本人にとって,石とのかかわりは建築素材としてよりも宗教的な感性に触れる部分のほうが大きい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こく【石】
尺貫法の容量または体積の単位。(1)容量の単位。升の倍量単位で,10斗,すなわち100升に等しい。中国のの時代に10斗に等しい容量の単位を斛(こく)と定め,石(せき)は120斤=4鈞(きん)に等しい質量の単位であったが,宋の末に至り5斗を斛とし,10斗を石(せき)とした。ただし5斗を斛とする習慣は古く,宋代以前にさかのぼる。日本においても大宝令(701)以降10斗は斛であったが,遅くも平安時代末期までにはこれを石と書き,“こく”とじていたものと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せき【石】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いし【石】
鉱物質の塊。岩より小さく、砂より大きいもの。礫れき -につまずく
岩石・鉱石、また、石材などの総称。 -を切り出す
各種の宝石や鉱物の加工品。宝石・碁石・硯すずり石・墓石やライターの発火合金など。また、時計の軸受けに用いる宝石。
結石けつせきのこと。
トランジスタや IC などの俗称。
じゃんけんの手の一。握り拳こぶしで示す。ぐう。
冷たいもの、硬いもの、寡黙なもの、非情なものをたとえていう。 -あたま -のようにおしだまる
石御器いしごきの略 茶碗。 この-できゆつとやらんせ/浄瑠璃・妹背山

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【石】
接尾
助数詞。
腕時計の軸受けなどの宝石を数えるのに用いる。 二一-
電気製品でトランジスタ・ダイオードなどを数えるのに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

こく【石】
➀体積の単位。1斗の10倍。1石は約180ℓ。中国では古代から、日本では8世紀初めから用いられた。
➁尺貫法の船や材木の大きさの単位。形にはかかわりなく、1石は10立方尺。約0.278m3

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いし【石】
〘名〙
① 鉱物質のかけら、かたまり。普通、岩より小さくて、砂より大きいものをいう。広くは、岩石、鉱物を総称する。装飾的な庭石、置き石などにもいう。
※万葉(8C後)五・八六九「帯日売(たらしひめ)神のみことの魚(な)釣らすとみ立たしせりし伊志(イシ)を誰見き」 〔十巻本和名抄(934頃)〕
② (①の一般的性質、状態から) 堅いもの、冷たいもの、無情なもの、つまらないもの、困難なこと、堅固なことなどのたとえに用いる。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「黄金白玉をば瓦(かはら)(イシ)と同じくせり 青(あをき)珠、赤(あかたま)をば沙(いさご)(つち)と斉しくせり」
※浮世草子・立身大福帳(1703)四「別れし人の為に、永く一代身を石にするがってん」
③ 建造物の石材、または土台などの石。〔日本国考略(1523)〕
④ ①のうち、特定のものをさす。
(イ) めずらしい石。宝石。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「未(ま)だ革もつけでいしにて侍り」
※兵隊の宿(1915)〈上司小剣〉六「指輪もよそいきの石の入ったのを一つ」
(ロ) 時計の歯車の軸に用いる宝石。
(ハ) 火打ち石。
※長秋詠藻(1178)上「いしをうつ光のうちによそふなるこの身の程をなに歎くらむ」
(ニ) ライターの発火用の合金。ライターいし。
⑤ 胆汁(たんじゅう)の成分などからできる、かたい物質。たん石。結石(けっせき)。〔医語類聚(1872)〕
⑥ 囲碁や昔の双六(すごろく)などに用いた白と黒の石。碁石。
※徒然草(1331頃)一三七「継子立(ままこだて)といふものを双六(すごろく)の石にて作りて」
⑦ 墓石(はかいし)、石碑(いしぶみ)のこと。
※謡曲・定家(1470頃)「まことの姿はかげろふの、石に残す形だに、それとも見えぬ蔦葛」
⑧ 石炭、泥炭などのこと。
※浮世草子・好色万金丹(1694)五「石(イシ)を薪にする在所、蛇を餠にする国もあり」
⑨ じゃんけん(石拳(いしけん))の手の一つ。ぐう。にぎりこぶしであらわす。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉憲法発布と日清戦争「鋏や石や風呂敷(東京の児童のいふ紙)の形を出して決める」
⑩ 石御器(いしごき)のこと。茶わん。まれに杯のこと。
※浄瑠璃・妹背山婦女庭訓(1771)四「これからは嘉例の騒ぎぢゃ、調子が合はいで面白ない。この石(イシ)できゅうっとやらんせ」
⑪ 道しるべのために置く石。道石(みちいし)
※雑俳・柳多留‐九八(1828)「不案内石に聞いてはまがって行」
⑫ 石だたみ、石がわらのこと。
※馬鈴薯の花(1913)〈中村憲吉〉大正元年「舗石(イシ)の上に曇影(くもり)ふみつつたまたまに己(おの)が足(あ)の音(と)にさめ返るかな」
⑬ 陰毛を切るために、湯屋(ゆや)の流し場などにある石。湯屋の石。毛切り石。
※雑俳・柳多留‐七(1772)「石で切るのをあぶながる女の気」
⑭ 能楽で用いる舞台道具の一つ。①の形に作り中央から二つに割れるもの。「殺生石」「一角仙人」などに用いる。
⑮ 「石(こく)」を訓よみにしたもの。米一石(こく)
※咄本・醒睡笑(1628)五「教月坊、例の狂歌を持たせ定家のもとへ、『教月がしはすのはてのそら印地(いんじ)としうち越さん石一つたべ』よねを五斗参らせられし」
⑯ 紋所(もんどころ)の名。石畳車、丸に一つ石、三つ石、四つ石などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【石】
〘語素〙 いし。他の語の下に付いて熟語をつくるときに用いる。
※古事記(712)中・歌謡「神風の 伊勢の海の 意斐志(おひシ)に 這ひ廻(もとほ)ろふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【石】
[1] 〘名〙
① 尺貫法で容積の単位。斗の一〇倍。約〇・一八キロリットル。こく。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
※虎明本狂言・泣尼(室町末‐近世初)「ふせにこめ十せき出すと、だんながいふてざしきをたってかへる時」
の十人張りをいう称。
読本・椿説弓張月(1807‐11)前「五石(セキ)の弓の長さ七尺五寸ありて、つく打ちたるに、三十六指たる黒羽の矢を負ひ」 〔新唐書‐張弘靖伝〕
[2] 〘接尾〙
腕時計などの軸受けにする、ルビーサファイアなどの宝石をかぞえる語。
② 電気製品で、トランジスタ、ダイオードなどをかぞえる語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石の関連情報

関連キーワード

マルチコアマルチコアキャッシュメモリープログラム言語Core i7動作周波数HyperTransportチップセット仮想化オーバークロック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.