Rakuten infoseek

辞書

石越【いしこし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石越
いしこし
宮城県北部,登米市北西部の旧町域。迫川中流域にある。北は岩手県に接する。 1959年町制。 2005年町,登米町,東和町,中田町,豊里町,米山町,南方町,津山町の8町と合体して登米市となった。全域平地で,水田単作地帯。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石越
いしこし
宮城県北東部、登米郡(とめぐん)にあった旧町名(石越町(まち))。現在は登米市の北西部を占める地域。岩手県に接する。旧石越町は、1959年(昭和34)町制施行。2005年(平成17)迫(はさま)、登米(とよま)、東和(とうわ)、中田(なかだ)、豊里(とよさと)、米山(よねやま)、南方(みなみかた)、津山の8町と合併して市制施行し、登米市となった。JR東北本線が通じる。石越駅から細倉まで、くりはら田園鉄道が走っていたが、2007年廃止となった。地域の中央を低い丘陵が走り、迫川沿いに水田が広がる。新田開発は江戸時代から進められた。江戸中期には仙台藩の家臣蘆名(あしな)氏が居住した。主産業の農業は米作と畜産が盛ん。そのほか石材業があり、石越石が生産される。[後藤雄二]
『『石越町史』(1975・石越町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石越」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石越の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.