Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

石碑【セキヒ】

デジタル大辞泉

せき‐ひ【石碑】
石に業績や事跡を記念する文字を刻んで建てたもの。いしぶみ。
墓石。石塔。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきひ【石碑 shíbēi】
中国では石材を一定の形に加工して,紀念の文章を刻みつけたものをという。先秦時代では石に文章を刻んだものとして,秦国の石鼓文古くから著名であり,近年になって中山国王の刻字河光石が発見されている。いずれも特定の形に加工しない自然石を利用したもので,石刻とよんでいる(秦刻石)。定型化した碑は後漢から始まり,遺例として後漢代の後半のものが各地にのこる。多くは墓前に立て被葬者功績を記したもので,碑身と趺(ふ)からなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せき‐ひ【石碑】
〘名〙
① 石造りの碑。石に記念の文を刻んで建てたもの。いしぶみ。
※太平記(14C後)六「石碑(セキヒ)の上に消え残れる三十一文字を見る人、感涙を流さぬは無かりけり」 〔後漢書‐儒林伝序〕
② 墓標の石。はかいし。石塔。
※浮世草子・近代艷隠者(1686)五「身に親しき一門迚も跡吊(とふら)ふ業さへなさず、〈略〉已飢ながら石碑(セキヒ)立べき望ありしとかや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石碑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石碑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.