Rakuten infoseek

辞書

石盛【こくもり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石盛
こくもり
斗代ともいう。江戸時代の石高制のもとで,検地によって決定された耕地屋敷地1反 (約 991m2) あたりの地種・等級に応じて査定された平均収穫量。立地条件や収穫の経験により,上田,中田,下田,下々田,上畑,中畑,下畑,下々畑,屋敷の地種・等級を定め,上田について坪刈という部分収穫により坪 (3.3m2) あたりの籾の収量を求め,その 300倍の2分の1を玄米の反当収量とし,たとえば上田の反収1石7斗ならば石盛1ッ7分,斗代 17と呼び,与えられた耕地の面積に乗じて石高を算定する。上田から中田へは石2分ずつ下げ,上畑を中田になぞらえ,屋敷を上畑と等しくするのが普通である。この手続で定められた石高は検地帳に登録されて年々不変であったから,毎年の年貢収納の際にはさらに検見 (→検見法 ) もしくは定免によるという租を乗じて上納高を決定した。 1873年廃止

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こく‐もり【石盛】
太閤(たいこう)検地以降、検地によって耕地や屋敷を上・中・下・下々の四等級分け、それぞれの等級に応じて公定された反当たりの標準収穫量。石高の算出年貢賦課の基準ともなった。斗代(とだい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくもり【石盛】
検地に際して田畑・屋敷地の公定収穫量(石高)を算出することをいうが,その反当り換算率すなわち斗代のことをもさす。石盛によって算定された石高に一定の率をかけて年貢・諸役が賦課されたので,石盛の高低は貢租量の多少に関係した。斗代の決定は,田畑の優劣によって上,中,下,下々などに位付けし,上田と見立てた場所2~3ヵ所で1(約3.3m2)ごとの坪刈りをし,もし坪当り平均1升(約1.8l)があれば1反(約991.7m2)で3石(約541.2l)あり,それを五分摺りすれば玄米1石5斗を得るから,1斗(約18l)の15倍ということで〈15の盛〉または〈1石5斗代〉といった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくもり【石盛】
検地によって耕地・屋敷の反当たりの標準収穫量を米の量で定めること。田は普通、坪刈りによって四等級(上・中・下・下々)に分け、畑は田より低く、屋敷地は上畑と同じ程度にして石高の決定や年貢徴収の基準とした。斗代とだい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石盛
こくもり
検地によって公定された田畑屋敷の反(たん)当りの標準収穫率。斗代(とだい)ともいう。検地の際、田畑の良否により上・中・下・下々(げげ)に分け、上田を坪刈(つぼがり)して平均反当り収量を求め、それがかりに籾(もみ)3石なら五合摺(ずり)にして米1石5斗となり、それを1斗で除した商15が上田の石盛である。中田以下は1級ごとに上田より二つ下がり、上畑は下田と同じ、中畑以下も二つ下がりに石盛する。これが原則であるが、実際には若干変えられることもあった。石盛は1斗を1、1石を10とするもので、これを基準にして石高(こくだか)、年貢高が決められた。石盛の決定には、前述の坪刈のほかに、その地域の社会的富の大小や、政治的判断が加えられることも多かった。[宮川 満]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こく‐もり【石盛】
〘名〙 太閤検地以降の検地の際、田畑一反当たりに高を決めること。耕地・屋敷などの地位、すなわち上中下の等級を選び、これに対応する石高を定めること。石盛を決定する際は収穫のみならず土地の善悪、用水の便否なども加味される定めであった。古くは斗代(とだい)といった。
※地方凡例録(1794)二「上中下の地位を分け、上田一段歩に石盛幾つ、中下はいくつと究め、反別に懸け高を仕出すを石もりといふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

石盛
こくもり
太閤検地以後,租税賦課のため決定された反当たり標準収穫量
斗代 (とだい) ともいう。田畑を上・中・下・下々に分け,上田を坪刈して平均収穫量を算定。反当たり1石5斗なら石盛15とし,中田以下は二つずつ減じた。上畑の石盛は下田なみとした。石盛により村高を定め,それに年貢率を乗じて年貢を課した。1873(明治6)年廃止。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石盛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石盛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.