Rakuten infoseek

辞書

石畳/甃【イシダタミ】

デジタル大辞泉

いし‐だたみ【石畳/×甃】
庭や道路などで、平らな敷石を敷き詰めた所。また、その敷石。
石段。
文様の名。方形の石を一面に敷き並べたような形状を図案化した総文様。織り文様もあれば染め文様もあり、染め文様には色で互い違いに配列したものが多い。近世、市松(いちまつ)という。
紋所の名。文様の石畳をかたどったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石畳
いしだたみ
畳のように敷かれた石というのが原義。石を畳み上げるという意で石段の古称でもあった。今日、石畳といえば、道路や広場、庭園などの舗装として敷き詰められた上面が平らな石、または敷き詰められた状態をさす。いずれにしてもそれらは自然の地面を石材によって、交通のために永続的で堅固な場所に変えるためのものであるとともに、その場に描き出されるパターンによって美しい装飾となる。近代のアスファルトやコンクリートの舗装が機能面などで優れていながら、表情が乏しいのとは対照的に、石畳は広場や道路、庭園に独特の表情を与えている。
 石畳の起源は古く、原始時代にさかのぼることができる。古代オリエント、インダスの都市ではかなり大掛りに用いられたことが知られ、広大な版図を領有した古代ローマ帝国も、石畳で舗装された街道網で結ばれていた。また都市内の道路も広場も石が敷き詰められ、とくにポンペイ遺跡の轍(わだち)の跡が残る舗道は印象的である。都市文明の凋落(ちょうらく)のあと、ふたたび興隆を迎えた中世都市も石畳の中心広場や主要街路をもち、ルネサンスやバロックの時代には、幾何学的パターンを描くモニュメンタルな広場の石畳が、都市空間の豊かな装飾要素となった。またイスラム文化圏で展開された中庭の舗装や、わが国の社寺境内の参道、庭園、坂道の石畳なども忘れるわけにはいかない。[長尾重武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

石畳

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石畳/甃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石畳/甃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.