Rakuten infoseek

辞書

石狩鍋【イシカリナベ】

デジタル大辞泉

いしかり‐なべ【石狩鍋】
鮭(さけ)をぶつ切りにし、野菜や豆腐などと味噌または醤油で味付けしただし汁で煮こむ物。石狩地方の郷土料理 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いしかりなべ【石狩鍋】
さけを主材料とした鍋料理。新鮮な鮭をぶつ切りにして、野菜や豆腐などといっしょに味噌仕立てで煮ながら食べる。 [季] 冬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典

いしかりなべ【石狩鍋】

北海道の郷土料理で、鮭の身とあら、野菜などを入れ、みそ味で煮込んだ鍋料理。◇石狩川が鮭の主要な漁場であったことから。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石狩鍋
いしかりなべ
北海道の郷土料理。秋から冬にかけ、産卵のため、石狩川をサケの大群がさかのぼるが、そのサケを用いた料理の一つ。鉄鍋か土鍋に昆布を敷き、中央にみそ100グラムに、みりん大さじ2杯を混ぜたものを置き、その周囲に、サケの鱗(うろこ)だけをとって、頭から尾までそのままぶつ切りにしたものに、角切りの豆腐や、ダイコン、ニンジン、シイタケ、長ネギなどの野菜を加え、昆布のだし汁を加えて火にかけ、サンショウの実か粉をふりかける。だし汁はたっぷり用い、みそを用いないこともある。魚のあくをとることと、煮すぎないようにするのがこつで、厚手の鉄鍋を用いると味がよい。[多田鉄之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石狩鍋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石狩鍋の関連情報

他サービスで検索

「石狩鍋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.